意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「提案」とは?意味や使い方!例文や解釈

「提案」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「提案」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「提案」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「提案」とは?
  • 「提案」の表現の使い方
  • 「提案」を使った言葉と意味を解釈
  • 「提案」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「提案」の反対語
  • 「提案」の類語や類義語・言い換え
  • 「提案」の英語と解釈


「提案」とは?

「提案」とは議案、考えなどを出すことで、その議案、考えのことを言います。

  • 「提案」の読み方

「提案」の読み方

「提案」と書いて「ていあん」と読みます。



「提案」の表現の使い方

「提案」とは、議案、考えなどを出すことを言います。

また出されたものを「提案」とも言うのです。

例えば「彼の提案」「私の提案」という風に使います。

他には「一人一つ、何か提案をしてください」「他に何か提案はないでしょうか」という風に使います。

「提案」を使った言葉と意味を解釈

「提案」を使った言葉や言い回しをいくつか紹介していきます。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「提案営業」
  • 「提案権」
  • 「提案依頼書」

「提案営業」

「提案営業」とは「提案型営業」とも言いますが、お客様に対して新規商品、サービスを「提案」してその注文を受けるという営業スタイルのことを言います。

御用聞き営業、コンサルティング営業とも言います。

「提案権」

「提案権」とは議案を提出する権利のことを言います。

「提案権がある」「提案権がない」という風に使います。

「提案依頼書」

「提案依頼書」とは英語で“request for proposal”と言います。

ユーザーが情報システムを新設、もしくは増設する際にベンダーに伝える購買要件を書いた「提案依頼書」「入札依頼書」のことを言います。



「提案」を使った例文や短文など(意味を解釈)

それでは「提案」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「提案」を使った例文1
  • 「提案」を使った例文2

「提案」を使った例文1

「提案したところで、無視されるだけだから何もしない方がいい」

自分の考えを出すことを「提案」と言います。

しかし「提案」したからと言って必ずしもそれが採用されるとは限りません。

例文のように何を言ってもスルーされるといった状態であれば「提案」そのものが少なくなっていくこともあるでしょう。

「提案」を使った例文2

「とても素晴らしい提案をいただきました」

「提案」とはその人なりの考えたこととなります。

方法、アイデアを出すという意味ですから、その内容が素晴らしい、良いと思われれば例文のように「素晴らしい提案」と言われますし、お礼を言われたり感謝されることもあります。

「提案」の反対語

「提案」の反対語とはどのような言葉になるのでしょうか。

明確な反対語がない場合は意味合いから当てはまる言葉を探してみましょう。

  • 「無言」【むごん】
  • 「沈黙」【ちんもく】

「無言」【むごん】

「無言」とは何も言わないこと、話さないでいることを言います。

例えば何か考えがあってもそれをしゃべらないという時などは「無言を貫く」と言ったりします。

「沈黙」【ちんもく】

「沈黙」とは口をきかない、黙っているという意味の他に、活動を止める、静かにしているといった意味もあります。

「彼は何も考えていないわけではないだろうが、長いこと沈黙を守っている」「この件について私は沈黙するよ」「長い沈黙を破って、ついに正式な発表が行われる」などと使います。

「提案」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「提案」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「申し入れ」【もうしいれ】
  • 「申し出」【もうしで】
  • 「暗示」【あんじ】
  • 「示唆」【しさ】
  • 「オファー」【おふぁー】

「申し入れ」【もうしいれ】

「申し入れ」とは意見、希望を相手に伝えることを言います。

「話し合いには参加できないので文書にて申し入れを行います」「申し入れを拒否するとはどういうことですか」などと使います。

「申し出」【もうしで】

「申し出」とは自分から言うこと、申し出ることでその内容という意味もあります。

「参加の申し出がありました」「結婚の申し出」「あちらの家から申し出がないなら、この件は私一人で処理します」などと使います。

「暗示」【あんじ】

「暗示」とは直接的にはっきりと示すわけではなく、それとなく分かるように示すことを言います。

また相手が信じるようにそれとなく仕向けていくことでもあります。

「断りを暗示する仕草をあちらからしている」「拒絶の意を暗示するが、相手は鈍感なので気づきもしない」「暗示を与えておく」などと使います。

「示唆」【しさ】

「示唆」とはそれとなく物事を示す、教えることを言います。

「あの仕草は何かを示唆していたのではないか」「先生は生徒に示唆を与えるが、生徒は理解できないことも多かった」「示唆に富む話が多い」などと使います。

「オファー」【おふぁー】

「オファー」とは英語で“offer”となりますが、意味は申し入れ、申し込みとなります。

特に売買契約において、条件を示して相手に返事を求めることを言います。

「ありがたいことに、オファーがあったのでお受けすることにしました」「今、彼はオファーが舞い込んでいるみたいよ」「オファーなんてまったく来ない時期が続きました」などと使います。

「提案」の英語と解釈

「提案」という言葉は英語ではどのように言い表すのでしょうか。

英語では“suggestion”“proposal”という単語を使います。

例文は“Do you have any suggestion about it?”(それについて何か提案がありますか)、“Many proposals were made for doing it”(それをする為に多くの提案がなされた)などとなります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「提案」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。