意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「先手を打つ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「先手を打つ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「先手を打つ」という言葉を使った例文や、「先手を打つ」の類語を紹介して行きます。

先手を打つ

Meaning-Book
「先手を打つ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「先手を打つ」とは?
  • 「先手を打つ」を使った例文や短文など
  • 「先手を打つ」の類語や類義語・言い換え


「先手を打つ」とは?

「先手を打つ」という言葉を知っているでしょうか。

「勝負の先手を打つ」という言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「先手を打つ」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「先手を打つ」という言葉の意味を紹介します。

  • 「先手を打つ」の読み方
  • 「先手を打つ」の意味

「先手を打つ」の読み方

「先手を打つ」「せんてをうつ」を読みます。

「先手」「せんて」「打つ」「うつ」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

「先手を打つ」の意味

「先手を打つ」という言葉の意味を紹介します。

「先手を打つ」には、「先に攻撃を仕掛ける」という意味があります。

「勝負の先手を打つ」という言葉には、誰かと勝負をする時、先に攻撃を仕掛けるという意味があります。

このように「先手を打つ」という言葉には、「先に攻撃を仕掛ける」という意味があります。



「先手を打つ」を使った例文や短文など

「先手を打つ」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「先手を打つ」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「先手を打つ」を使った例文1
  • 「先手を打つ」を使った例文2

「先手を打つ」を使った例文1

「恋愛のライバルに『先手を打つ』ため、彼女に近づく」

この例文は、一人の女性を争っている男性二人が、ライバルに勝とうとしている場面になります。

ライバルよりも早く彼女の近づき、距離を詰めることは、相手より先に攻撃を仕掛けると言えるため、「先手を打つ」と言えるでしょう。

「先手を打つ」を使った例文2

「相手に隙が見えたため、『先手を打つ』」

この例文のように、ケンカなどをしている相手のすきが見えた時、先に攻撃を仕掛けるかもしれません。

攻撃が当たり相手にダメージを与えられたら、その後の展開は圧倒的に有利になるでしょう。

「先手を打つ」の類語や類義語・言い換え

「先手を打つ」の類語や類似表現を紹介します。

「先手を打つ」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「先制攻撃」【せんせいこうげき】
  • 「奇襲」【きしゅう】

「先制攻撃」【せんせいこうげき】

「先制攻撃」には、「相手の機先を制して攻撃すること」という意味があります。

「先制攻撃を掛ける」「先制攻撃を受け止める」などという使い方をします。

「奇襲」【きしゅう】

「奇襲」には、「相手の油断や不意を突いて、思いがけない方法で襲うこと」という意味があります。

「寝込みに奇襲を仕掛ける」「橋の上に誘い込み、奇襲する」などと言う使い方をします。



icon まとめ

「先手を打つ」という言葉について見てきました。

勝負をする時に、先に攻撃を仕掛ける時、「先手を打つ」という言葉を使ってみましょう。