意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「思い浮かべる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「思い浮かべる」という表現を使ったことがあるでしょうか。

ここでは「思い浮かべる」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

思い浮かべる

Meaning-Book
「思い浮かべる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「思い浮かべる」とは?
  • 「思い浮かべる」の表現の使い方
  • 「思い浮かべる」を使った例文と意味を解釈
  • 「思い浮かべる」の類語や類義語


「思い浮かべる」とは?

「思い浮かべる」というのは心の中に描く、という意味です。

例えば今日のお昼ご飯は何にしようか、「思い浮かべる」人もいるのではないでしょうか。

お弁当の中身を色々と「思い浮かべて」楽しみにするという人もいるかも知れませんね。

お腹が空いている時などは食べ物を「思い浮かべる」だけで幸せになれるかもしれません。

また、頭に描く、連想する、という時にも使われます。

  • 「思い浮かべる」の読み方

「思い浮かべる」の読み方

「思い浮かべる」というのは「おもいうかべる」と読みます。

よく使われる表現ですのでぜひ覚えておきましょう。



「思い浮かべる」の表現の使い方

「思い浮かべる」という表現は心の中に描く、連想する、という時に使われる表現です。

例えば、楽しかった夏休みを「思い浮かべる」ということもあるかもしれませんね。

「この絵を見ると海が思い浮かびます」と表現することもあるのではないでしょうか。

何かの文字や絵画を見たとき、ある光景を「思い浮かべる」こともあるかもしれませんね。

「思い浮かべる」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「思い浮かべる」を使った例文1
  • 「思い浮かべる」を使った例文2

「思い浮かべる」を使った例文1

「楽しかった夏休みを思い浮かべ、つい物思いにふけってしまいました」

子供の時は夏休みがとても待ち遠しかったのではないでしょうか。

夏休みは30日から40日ほどあり、とても楽しいですよね。

その一方で親にとっては大変だったかもしれません。

楽しかった夏休みを思い浮かべ、かき氷や夏祭り、花火などを想像した人もいるのではないでしょうか。

あるいは夏休みの宿題を思い浮かべることもあるかもしれません。

「思い浮かべる」を使った例文2

「この文字を見て何を思い浮かぶか教えてください」

美術の世界では、「この文字を見るとこれが思い浮かぶ」「この絵を見て何が思い浮かびますか」などと表現することがあります。

特に想像力が重視される分野では、何かを思い浮かべるという事は非常に大切ですよね。

次にどのような絵を書こうか考えたとき、心に思い浮かべたものを次のテーマにしようと考える人もいるのではないでしょうか。



「思い浮かべる」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「回想する」【かいそうする】
  • 「連想する」【れんそうする】

「回想する」【かいそうする】

「回想する」というのは遠い過去を思い出して懐かしく思う、という意味になります。

しみじみ考えるときにこの表現が使われます。

「連想する」【れんそうする】

「連想する」というのは人間の心ないし精神の働きのうち、見聞きするなど五感から得た情報や観念から他の事物や概念を思い浮かべる、ということになります。

心理学用語の1つでもあります。

icon まとめ

「思い浮かべる」という言い回しは日常的にも使える言葉ですのでぜひ覚えておきましょう。

想像力は豊かに保ちたいですね。