意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「落ち着きたい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

この「落ち着きたい」という表現は、精神的にそうなりたいことだと解釈すると分かりやすいでしょう。

落ち着きたい

Meaning-Book
「落ち着きたい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「落ち着きたい」とは?
  • 「落ち着きたい」の表現の使い方
  • 「落ち着きたい」を使った例文と意味を解釈
  • 「落ち着きたい」の類語や類義語


「落ち着きたい」とは?

「落ち着きたい」は、動きがなく、静かな状態になりたいという意味で使います。

あれこれと忙しく走り回っている時に、「早く落ち着きたい」と使うと、じっとしていても構わない状態になりたいと解釈できます。

また、実際の行動についてだけでなく、心の平穏に対しても使える表現で、「家族の問題から早く落ち着きたい」などと使った場合、家族間での色々な問題を早く解決して、平穏な心の状態に戻りたいと言っていると考えてください。

  • 「落ち着きたい」の読み方

「落ち着きたい」の読み方

「落ち着きたい」は、「おちつきたい」とそのまま読んでください。

「落ち着いた」状態になりたいと使っている表現になり、逆に、そうならない(なりそうもない)場合には「落ち着かない」と使います。

尚、漫才やコントで最後が締まるが付くことは「落ちが付く」という表記になり、「着く」とは使わないのでそこで見分けてください。



「落ち着きたい」の表現の使い方

「落ち着きたい」は、そこから転じた解釈もできる言葉です。

このような使い方の例として、「早く彼と落ち着きたい」のような使い方をよく見聞きします。

この使い方では、その彼と「結婚すること」が表現されており、それによる精神的な落ち着きが欲しいという意味から、結婚そのものを表現していると解釈できます。

「落ち着きたい」を使った例文と意味を解釈

「落ち着きたい」を使った例と、その意味の解釈です。

この現代社会では、誰もが色々な意味で落ち着きたいと考えているかも知れません。

  • 「落ち着きたい」を使った例文1
  • 「落ち着きたい」を使った例文2

「落ち着きたい」を使った例文1

「ここ最近残業続きなので、早く落ち着きたいものだ」

残業によって忙しい、疲れている状態から早く開放されたいと言っている使い方です。

この使い方のように、「落ち着きたい」にはそうならない原因からの開放を求める意味も多分に含まれています。

「落ち着きたい」を使った例文2

「落ち着きたいと思っていたが、いざそうなってしまうと手持ちぶさたなものだ」

「手持ちぶさた」とは、特にやることがなくてやきもきしている状態のことです。

忙しい時には早くその状態から開放されたいと思うものですが、そうなると今度は忙しかった時が懐かしくもなってしまうことがあるものです。



「落ち着きたい」の類語や類義語

「落ち着きたい」と似た意味で使える言葉です。

「落ち着きたい」の使い方次第では、置き換えに使うことができます。

  • 「ゆとりが欲しい」

「ゆとりが欲しい」

「ゆとり」にはスペース的な意味もありますが、ここでは「時間的な余裕」として使っています。

「少しでいいからゆとりが欲しい」といったような使われ方が多く、少しでいいので時間に余裕のある落ち着いた状態になりたいと言っている表現です。

icon まとめ

「落ち着きたい」は、その原因から開放されて静かな状態になりたいことだと解釈していいでしょう。

よって、この表現を使う時には、必ずそうとはならない(してくれない)原因や理由があるということです。