意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「物足りない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「物足りない」とは、「何となく足りないと感じて不満があること」を意味する言葉です。

「物足りない」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

物足りない

Meaning-Book
「物足りない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「物足りない」とは?
  • 「物足りない」の表現の使い方
  • 「物足りない」を使った例文と意味を解釈
  • 「物足りない」の類語や類義語


「物足りない」とは?

「物足りない」という表現は、「何となく足りないと感じて不満が残っていること」を意味しています。

また「物足りない」という言葉には、「自分から働きかけても十分な手応え(歯応え)・やり甲斐が感じられないさま」「いまいち盛り上がりに欠けて十分に満足できないこと」といった意味合いもあります。

  • 「物足りない」の読み方

「物足りない」の読み方

「物足りない」の読み方は、「ものたりない」になります。



「物足りない」の表現の使い方

「物足りない」の表現の使い方は、「何かが欠けているように感じて十分に満足できない時」に使うという使い方になります。

例えば、「おしゃれなコース料理を食べましたが、物足りない感じでした」などの文章で使用できます。

また「物足りない」という表現は、「自分から相手・物事に働きかけた時に、手応え(歯応え)が不足していて満足できない」といった意味でも使うことができます。

「物足りない」を使った例文と意味を解釈

「物足りない」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「物足りない」を使った例文1
  • 「物足りない」を使った例文2

「物足りない」を使った例文1

「ランチの後にケーキまで食べたのですが、まだ物足りない感じがします」

この「物足りない」を使った例文は、「ランチの後にケーキまで食べたが、まだ食事の味覚・分量について十分に満たされない感じがする」ということを意味しています。

「物足りない」を使った例文2

「以前から楽しみにしていたイベントでしたが、実際に行ってみると物足りないものでした」

この「物足りない」を使った例文は、「以前から楽しみにしていたイベントだったが、実際に行ってみるといまいち盛り上がりに欠けて不満が残った」ということを意味しています。



「物足りない」の類語や類義語

「物足りない」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「十分ではない・不満が残る」
  • 「手応えがない・呆気ない」

「十分ではない・不満が残る」

「物足りない」という表現は、「十分に満たされずに、どこか不満が残っていること」を意味しています。

その意味合いから、「物足りない」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「十分ではない・不満が残る」を上げられます。

「手応えがない・呆気ない」

「物足りない」という表現は、「自分から相手に働きかけた時に手応えがなくて呆気ないさま」を意味しています。

「呆気ない」とは、「思っていたよりも内容が充実していなくて物足りないこと」を意味する言葉です。

それらの意味から、「物足りない」と良く似た意味を持つ類義語として、「手応えがない・呆気ない」を指摘できます。

icon まとめ

「物足りない」という言葉について解説しましたが、「物足りない」には「十分に足りていなくて不満があること」などの意味があります。

「物足りない」の類語(シソーラス)・類義語としては、「十分ではない・不満が残る」「手応えがない・呆気ない」などがあります。

「物足りない」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。