意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「公にする」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「公にする」とは、「事実・主張などを社会に知らせる形で公表すること」を意味する言葉です。

「公にする」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「公にする」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「公にする」とは?
  • 「公にする」の表現の使い方
  • 「公にする」を使った例文と意味を解釈
  • 「公にする」の類語や類義語


「公にする」とは?

「公にする」という表現は、「事実・問題・主張などを社会(大勢の人)に知らせること」「社会の人々に知ってもらうために公表・公開すること」を意味しています。

また「公にする」という言葉には、「ある事実・経験・問題などを社会の人々に知ってもらうために、著書(著作)の形で発表・公開する」「著書(著作)を世の中に上梓(じょうし)する」という意味合いもあります。

  • 「公にする」の読み方

「公にする」の読み方

「公にする」の読み方は、「おおやけにする」になります。



「公にする」の表現の使い方

「公にする」の表現の使い方は、「ある事実・問題・主張などを、社会(大勢の人)に知らせるために公開する場合」に使うという使い方になります。

例えば、「スポーツ選手の彼女は、トレーナーとプライベートな恋愛関係にあることを公にしました」といった文章で使用できます。

また「公にする」の表現は、「ある事実・経験などを知ってもらうために著書(著作)を発表する場合」にも使うことができます。

「公にする」を使った例文と意味を解釈

「公にする」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「公にする」を使った例文1
  • 「公にする」を使った例文2

「公にする」を使った例文1

「上司から長年にわたって受けてきた理不尽なパワハラの内容を、公にすることを決意しました」

この「公にする」を使った例文は、「上司から長年にわたって受けてきた理不尽なパワハラの内容を、社会(大勢の人たち)に知らせるために公表(公開)することを決意した」ということを意味しています。

「公にする」を使った例文2

「自分の経営者としての経験やノウハウをまとめて、公にしたいと思うようになりました」

この「公にする」を使った例文は、「自分の経営者としての経験やノウハウをまとめて、著書として発表(公開)したいと思うようになった」ということを意味しています。



「公にする」の類語や類義語

「公にする」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「公表する・公開する」
  • 「上梓する・著書で知らせる」

「公表する・公開する」

「公にする」という表現は、「ある事実・問題を世の中(大勢の人々)に広く知らせるために、公表(公開)すること」を意味しています。

それらの意味から、「公にする」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「公表する・公開する」の表現を指摘できます。

「上梓する・著書で知らせる」

「公にする」という言葉は、「ある事実・主張・経験を社会(大勢の人々)に知らせるために、著書(著作)を出版・上梓すること」を意味しています。

「上梓(じょうし)」とは、「本を出版すること」を意味する言葉です。

その意味合いから、「公にする」と近しい意味を持つ類義語として、「上梓する・著書で知らせる」を上げることができます。

icon まとめ

「公にする」という言葉について解説しましたが、「公にする」には「事実・主張などを社会に知らせる形で公表すること」などの意味があります。

「公にする」の類語(シソーラス)・類義語には、「公表する・公開する」「上梓する・著書で知らせる」などがあります。

「公にする」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。