意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ざわめき」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

普段生活していると様々な音や刺激があり、たくさんの擬音と呼ばれる言葉が存在します。

その中でも多くの場面で用いられる言葉に「ざわめき」という言葉があります。

いったいどのような言葉か紹介していきます。

ざわめき

Meaning-Book
「ざわめき」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「ざわめき」とは?
  • 「ざわめき」の表現の使い方
  • 「ざわめき」を使った例文と意味を解釈
  • 「ざわめき」の類語や類義語


「ざわめき」とは?

「ざわめき」という言葉はざわめくことを意味する名詞です。

その意味として周囲の音や話し声などが聞こえることとされています。

それらの音についても自分に対して目的をもって生じたものではなく、勝手に起こっているもののため騒音・雑音といった扱いに分類されます。

また実際の音とは異なり、人の心が落ち着かない・穏やかではない・波立っているといった意味も持ちます。

そのため実際の音以外にも心の動きを表現する擬音としての意味合いも持ちます。



「ざわめき」の表現の使い方

「ざわめき」という言葉の使い方として1つは周囲が騒がしい様子を表す際に用いられます。

様々な場所で起こる様々な音が合わさり騒々しい・騒がしい状態が起こっている状態の表現の一つとなります。

もう1つは精神的に動揺している・興奮しているときなどを表現する際に用いられます。

その場合、他人が人の心を「ざわめき」と表現するケースは少なく、多くは自身の精神状態を伝える・表現する使い方とされます。

またストレス・負担など悪い意味での「ざわめき」もありますが楽しみ・高揚するといった良い意味での「ざわめき」の場合もあります。

そのためそれぞれ場面に応じでどのような意味合いかを明確にしておく必要があります。

「ざわめき」を使った例文と意味を解釈

「ざわめき」という言葉は様々な場面で適応し、用いられています。

実際に使う際、正しい使い方はどのようになるか例文とその解釈を紹介していきます。

  • 「ざわめき」を使った例文1
  • 「ざわめき」を使った例文2

「ざわめき」を使った例文1

「僕はいつもこの時期になるとライブに行くんだ。毎年のことだけど、前日からずっとざわめきだっているよ」

この場合、ライブに行く前日から興奮していることを意味しています。

ライブが楽しみという精神的な興奮が毎年ライブに時期になると怒っており、その様子を「ざわめき」と表現しています。

「ざわめき」を使った例文2

「ついさっきここで大きな事故があったんだって。一応復旧は住んでいるけど、まだ周りはざわめきだっているよ」

この場合、事故が起こった後の様子を表現する際に用いられています。

事故があった後、現場復旧は住んでいますが、いろんな人が集まっており騒がしい様子を「ざわめき」と表現しています。



「ざわめき」の類語や類義語

「ざわめき」という言葉は様々な場面で適応しますが、時には類語や類義語で表現する場合もあります。

どのような言葉があるか、例を紹介していきます。

  • 「賑わい」
  • 「騒々しい」

「賑わい」

「賑わい」とは人が多い・活気が多いなど明るく騒がしい様子を表しています。

意味合いとしては「ざわめき」と同じですが、無意味・邪魔といった意味合いになる雑音・騒音とは違い、明るく元気・活気からくる騒がしさのため、類語とされています。

「騒々しい」

「騒々しい」とは声や音が大きくざわざわとしている様子を表す表現となります。

意味合いは「ざわめき」と同じであり、同義語とされます。

icon まとめ

「ざわめき」という言葉は周囲に使うか・心の動きに使うかで意味合いやニュアンスが大きく変化します。

そのため使う・解釈する際にはどのような意味なのか、正しく表現・理解しておく必要があります。