意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「問題視」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「問題視」とは、「解決すべき事柄があるとして注目すること」を意味する言葉です。

「問題視」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「問題視」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「問題視」とは?
  • 「問題視」の表現の使い方
  • 「問題視」を使った例文と意味を解釈
  • 「問題視」の類語や類義語


「問題視」とは?

「問題視」という表現は、「解決すべき事柄(問題)があるとして注目すること」を意味しています。

「問題視」という表現は、「ある事柄・状況・人物などに対して、解決・対処すべき問題があると見なすこと」「ある物事をそのまま放置してはおけないことだと見なすこと」を意味しているのです。

  • 「問題視」の読み方

「問題視」の読み方

「問題視」の読み方は、「もんだいし」になります。



「問題視」の表現の使い方

「問題視」の表現の使い方は、「解決すべき事柄(問題)があるとして注目する場合」「その事柄をそのまま放置してはおけないと見なした時」に使うという使い方になります。

例えば、「どんな事柄を問題視するのかは、その人の立場や利害関係によっても変わってきます」といった文章で使用することができます。

「問題視」を使った例文と意味を解釈

「問題視」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「問題視」を使った例文1
  • 「問題視」を使った例文2

「問題視」を使った例文1

「その教師は、クラスの生徒たちがまとまって協力できないことを問題視していました」

この「問題視」を使った例文は、「その教師は、クラスの生徒たちがまとまって協力できないことを、解決(対処)すべき事柄と見なしていた」ということを意味しています。

「問題視」を使った例文2

「これからのビジネスについて問題視すべき事柄があれば、遠慮せずに会議で発言してください」

この「問題視」を使った例文は、「これからのビジネスについて、解決すべき問題として焦点を合わせた方が良い事柄があれば、遠慮せずに会議で発言してください」ということを意味しています。



「問題視」の類語や類義語

「問題視」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「焦点が合う・関心が向く」
  • 「放置してはおけないと思う・そのままにはできない」

「焦点が合う・関心が向く」

「問題視」という表現は、「ある事柄を解決すべきだと見て、意識の焦点が合うこと」「対応すべきと見なしたある物事に対して関心が向くこと」を意味しています。

それらの意味から、「問題視」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「焦点が合う・関心が向く」の表現を指摘できます。

「放置してはおけないと思う・そのままにはできない」

「問題視」という言葉は、「ある事柄・状況について、そのまま放置してはおけないと見なすこと」を意味しています。

その意味から、「問題視」と近しい類似の意味を持つ類義語として、「放置してはおけないと思う・そのままにはできない」を上げられます。

icon まとめ

「問題視」という言葉について解説しましたが、「問題視」には「解決すべき事柄があるとして注目すること」などの意味があります。

「問題視」の類語(シソーラス)・類義語としては、「焦点が合う・関心が向く」「放置してはおけないと思う・そのままにはできない」などがあります。

「問題視」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。