意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「散発的」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「散発的」とは、「集中(連続)せずに物事が間隔を開けて起こるようなさま」を意味する言葉です。

「散発的」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

散発的

Meaning-Book
「散発的」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「散発的」とは?
  • 「散発的」の表現の使い方
  • 「散発的」を使った例文と意味を解釈
  • 「散発的」の類語や類義語


「散発的」とは?

「散発的」という表現は、「一度に集中せずに物事が間隔を開けて起こるようなさま」を意味しています。

「散発的」というのは、「物事が連続したり集中したりするのではなく、間を開けて時々起こるようなさま」を意味している表現なのです。

  • 「散発的」の読み方

「散発的」の読み方

「散発的」の読み方は、「さんぱつてき」になります。



「散発的」の表現の使い方

「散発的」の表現の使い方は、「物事が連続・集中するのではなく、間を開けて起こる場合」「物事が一度に集中して起こらずに時々起こるという場合」に使うという使い方になります。

例えば、「最近は散発的にスコールのような大雨が降るので、傘の準備が間に合わないことが多いのです」といった文章で使用することができます。

「散発的」を使った例文と意味を解釈

「散発的」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「散発的」を使った例文1
  • 「散発的」を使った例文2

「散発的」を使った例文1

「日本では散発的に大地震・台風のような自然災害が発生するので、私たちは常日頃から防災対策の準備や避難経路の確認をしておかなければなりません」

この「散発的」を使った例文は、「日本では連続せずに期間(日にち)を開けて、大地震・台風のような自然災害が発生するので、私たちは常日頃から防災対策の準備や避難経路の確認をしておかなければならない」を意味しています。

「散発的」を使った例文2

「昨夜は食中毒でも起こしたのか、散発的に激しい胃痛と下痢が襲ってきて、一睡もすることができず疲労困憊しました」

この「散発的」を使った例文は、「昨夜は食中毒でも起こしたのか、時間の間隔を開けて激しい胃痛と下痢が襲ってきて、一睡もすることができず疲労困憊した」を意味しています。



「散発的」の類語や類義語

「散発的」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「間を開けて・間欠的」
  • 「断続的・不定期に」

「間を開けて・間欠的」

「散発的」という言葉は、「連続せずに間を開けて起こるさま」を意味しています。

「間欠的」の表現は、「連続的ではなく休みを挟んで時々起こるさま」を意味しています。

それらの意味合いから、「散発的」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「間を開けて・間欠的」を上げられます。

「断続的・不定期に」

「断続的」という表現は、「ずっと連続するのではなく、止まったり続いたりするさま」を意味しています。

「不定期に」という表現は、「決まった時期に起こるのではなく、いつ起こるのか分からないこと、時々起こること」を意味しています。

それらの意味から、「散発的」と近しい意味を持つ類義語として、「断続的・不定期に」の表現を指摘できるのです。

icon まとめ

「散発的」という言葉について徹底的に解説しましたが、「散発的」には「集中せずに物事が間隔を開けて起こるようなさま」などの意味があります。

「散発的」の類語(シソーラス)・類義語としては、「間を開けて・間欠的」「断続的・不定期に」などがあります。

「散発的」という言葉について詳しく知りたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。