意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「愛着が深まる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

日常会話で「愛着が深まる」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、語源や使い方なども併せて紹介します。

愛着が深まる

Meaning-Book
「愛着が深まる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「愛着が深まる」とは?
  • 「愛着が深まる」の表現の使い方
  • 「愛着が深まる」を使った例文と意味を解釈
  • 「愛着が深まる」の類語や類義語


「愛着が深まる」とは?

「愛着が深まる」の概要について紹介します。

  • 「愛着が深まる」の読み方
  • 「愛着が深まる」の意味
  • 「愛着が深まる」を分解して解釈
  • 「愛着」の由来

「愛着が深まる」の読み方

「愛着が深まる」「あいちゃくがふかまる」と読みます。

文章によっては「あいじゃく」と読ませることもありますが、一般的には「あいちゃく」と読むことが多くなります。

「愛着が深まる」の意味

「愛着が深まる」の意味は「長い間慣れ親しんだものに対して魅力を感じる気持ちが強まっていくこと」です。

人は長い間使っていたものや、大切にしてきたものに対して「これがいい」「手放したくない」と思う様になるものです。

その様な気持ちが日々強くなっていく時の表現です。

「愛着が深まる」を分解して解釈

「愛着が深まる」「愛着+が(助詞)+深まる」で成り立っています。

「愛着」とは「仏教語でものに囚われること」「異性に執着すること」「慣れ親しみ、深く心が引かれること」という意味です。

「深まる」「ある状態や程度が段々と強くなっていくこと」という意味です。

これらの意味が組み合わさり「馴れ親しみ、深く心が引かれる状態が次第に強くなっていくこと」として使われる様になりました。

「愛着」の由来

「愛着」は仏教用語では「あいじゃく」と読み、「欲望に囚われる」という良くない意味です。

しかし段々と、「欲しいものに心が引かれる」「好きなものを大切にする」という良い意味で使われる様になったのです。

現在では悪い意味で使われることはありません。



「愛着が深まる」の表現の使い方

「愛着が深まる」の使い方を紹介します。

  • 長い間慣れ親しんだものに対して使われる
  • 自然に好きになっていく時に使われる

長い間慣れ親しんだものに対して使われる

「深まる」という言葉により、最初は普通の感情だったものが、段々と強くなっていくことを表しています。

長い間な関わり合いを持っているものに対して使われる言葉です。

自然に好きになっていく時に使われる

「愛着が深まる」は、自分の中で自然に「好きだ」という感情が湧いていく時に使われます。

努力してそれを好きになろうとする時には「愛着を深める」になります。

「愛着が深まる」を使った例文と意味を解釈

「愛着が深まる」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「愛着が深まる」を使った例文1
  • 「愛着が深まる」を使った例文2

「愛着が深まる」を使った例文1

「この財布は使う程愛着が深まってきている」

お財布を長く使っているうちに、便利で手放せないと思う様になっている状態を表しています。

「愛着が深まる」を使った例文2

「古いバッグだけれども愛着が深まっているので買い替える気になれない」

古いバッグを使っているのですが、使い易さと慣れ親しんだことから新しいものに買う気が起きないことを表しています。



「愛着が深まる」の類語や類義語

「愛着が深まる」の類語を紹介します。

  • 「思い入れが強まる」
  • 「愛しさが募る」

「思い入れが強まる」

「そのものに対して大切に思う気持ちが大きくなること」という意味です。

「愛しさが募る」

「『可愛い』『恋しい』という気持ちが益々激しくなること」という意味です。

icon まとめ

「愛着が深まる」「長い間慣れ親しんだものに対して魅力を感じる気持ちが強まっていくこと」という意味です。

何となく捨てられないものに対して使ってみましょう。