意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「手に入る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「手に入る」とは、「ある物・人が入手(獲得)できること」を意味する言葉です。

「手に入る」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

手に入る

Meaning-Book
「手に入る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「手に入る」とは?
  • 「手に入る」の表現の使い方
  • 「手に入る」を使った例文と意味を解釈
  • 「手に入る」の類語や類義語


「手に入る」とは?

「手に入る」という表現は、「ある物・人が入手(獲得)できること」「ある物が自分のものになること・所有できるようになること」を意味しています。

例えば、「祖父の財産が手に入ることになったので、今までの負債は綺麗に返済できると思います」といった文章で、「手に入る」の表現を使うことができます。

  • 「手に入る」の読み方

「手に入る」の読み方

「手に入る」の読み方は、「てにはいる」になります。



「手に入る」の表現の使い方

「手に入る」の表現の使い方は、「ある物・人が入手(獲得)できる場合」「ある物を自分のものとして所有できる時」に使うという使い方になります。

例えば、「ビンテージものの素晴らしい風味・ボディを持つ特別なワインが手に入りました」といった文章で使用することができます。

「手に入る」を使った例文と意味を解釈

「手に入る」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「手に入る」を使った例文1
  • 「手に入る」を使った例文2

「手に入る」を使った例文1

「以前からずっと欲しいと思っていたスポーツカーがようやく手に入りました」

この「手に入る」を使った例文は、「以前からずっと欲しいと思っていたスポーツカーをようやく所有(入手)できた」ということを意味しています。

「手に入る」を使った例文2

「大好きな彼女さえ手に入れば、私の人生は半ば成功したと言っても良いくらいなのです」

この「手に入る」を使った例文は、「大好きな彼女さえ自分のものになれば(大好きな彼女と交際・結婚をすることができれば)、私の人生は半ば成功したと言っても良いくらいである」ということを意味しています。



「手に入る」の類語や類義語

「手に入る」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「入手できる・獲得できる」
  • 「自分のものにできる・所有できる」

「入手できる・獲得できる」

「手に入る」という表現は、「ある物・人を入手できること」「必要な物を獲得できること」を意味しています。

それらの意味から、「手に入る」とほとんど同じ意味を持つ類語(シソーラス)として、「入手できる・獲得できる」という表現を上げることができるのです。

「自分のものにできる・所有できる」

「手に入る」という言葉は、「ある物・人を占有して自分のものにできること」「ある物を自分だけのものとして所有できること」を意味しています。

それらの意味から、「手に入る」という表現と近しい類似の意味を持つ類義語として、「自分のものにできる・所有できる」という表現を指摘することができます。

icon まとめ

「手に入る」という言葉について解説しましたが、「手に入る」には「ある物・人が入手(獲得)できること」などの意味があります。

「手に入る」の類語(シソーラス)・類義語としては、「入手する・獲得する」「自分のものにする・所有する」などがあります。

「手に入る」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。