意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「調べる」とは?意味や類語!例文と解釈

私達が何気なく使っている言葉の中にも「調べる」という表現があります。

この言葉は、普段の活動の中で使ったり、ビジネスシーンでも、日常的に出てきます。

今回はこの「調べる」という言葉について、フォーカスしていきたいと思います。

身近な言葉だけにどのような場面で使われることが多いのか、理解を深めていければと思っています。

調べる

Meaning-Book
「調べる」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「調べる」とは?意味を間違いやすい言葉
  • 「調べる」の英語と解釈
  • 「調べる」の表現の使い方
  • 「調べる」を使った例文と意味を解釈
  • 「調べる」の類語や類義語


「調べる」とは?意味を間違いやすい言葉

「調べる」とは、「分からないことや不確かなことなど、あれこれと捜したり問いただしたり、見比べたりして考えること」という意味を持っている言葉です。

ただ「調べる」には「音楽を奏でる(かなでる)こと」と意味も含まれていますので、「演奏する」という意味で使われることがあります。

そのような場合は、意味が全く異なってくるので、間違った解釈で理解してしまう可能性があり、注意が必要です。

  • 「調べる」の読み方

「調べる」の読み方

「調べる」「しらべる」という読み方になりますが、よく使われる言葉なので、どのように読むか迷うことは少ないでしょう。



「調べる」の英語と解釈

調べる meaning in english

「調べる」を英語で表現すると、“research”“search”“explore”“suss out”“go over”“check up on”などの言葉で訳すことができます。

「調べる」の表現の使い方

「調べる」とは「分からないことを見比べりして考えること」という意味があるので、不明な事柄を明確にしたり、原因をはっきりとさせる場合に使われることになります。



「調べる」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「調べる」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしていることにしましょう。

  • 「調べる」を使った例文1
  • 「調べる」を使った例文2

「調べる」を使った例文1

「今回の失敗の原因を調べることで、次の商談に活かすことができる。しっかりと突き止めることが大切だ」

仕事をしていると、必ずしも成功が続くことはありません。

営業の仕事で商談に失敗した人は、どうして失敗したのかの原因を究明することで、次の日機会には、同じ過ちを繰り返さないようにすることが大切です。

「調べる」を使った例文2

「過去の統計データを入念に調べることで、細かな傾向分析ができる」

過去の統計データを分析するようなケースは、色々な場面であります。

普段はあまり意識することがないのですが、過去の統計を紐解いて、物事の発生頻度を理解できたり、それに基づき将来に対する予測も可能になってくることがあります。

「調べる」の類語や類義語

「調べる」は、他に似たような意味を持つ言葉として、どのようなものがあるかを見ていくことにします。

  • 「吟味する」【ぎんみする】
  • 「検索する」【けんさくする】

「吟味する」【ぎんみする】

「吟味する」という言葉が「調べる」の類義語として挙げることができます。

「確かめる」「入念に検査する」「チェックする」というような意味合いで使われています。

少し古い言い回しですが、普段の会話の中でも、時おり耳にすることがあります。

「検索する」【けんさくする】

「検索する」という言葉も「調べる」に近い意味があります。

「調べて探しだすこと」という意味がありますが、文献・カード・ファイル・データベース・インターネットなどの中から必要な情報を探す時に使われます。

特にビジネスの世界では多くの情報があふれかえっていますので、この「検索する」というキーワードは、とても重要な言葉になってきます。

icon まとめ

「調べる」という言葉を見てきましたが、よく使われている言葉だけに、日頃の使われるシーンがたくさんあることに気付くことでしょう。

よく耳にする言葉だけに正しい使い方をしっかりと理解しておくことが大切になります。