意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「忌み嫌う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「忌み嫌う」とは、「その物事・人物を嫌って避けること」を意味する言葉です。

「忌み嫌う」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「忌み嫌う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「忌み嫌う」とは?
  • 「忌み嫌う」の表現の使い方
  • 「忌み嫌う」を使った例文と意味を解釈
  • 「忌み嫌う」の類語や類義語


「忌み嫌う」とは?

「忌み嫌う」という表現は、「特定の物事・人物を嫌って避けること」を意味しています。

「忌み嫌う」というのは、「その物事・人物などをひどく嫌がって遠ざけようとすること」を意味する表現なのです。

「忌み嫌う」「忌む(いむ)」という表現には、「呪術的・秘教的な信仰などの理由で、不吉なものとして避ける」という意味があります。

  • 「忌み嫌う」の読み方

「忌み嫌う」の読み方

「忌み嫌う」の読み方は、「いみきらう」になります。



「忌み嫌う」の表現の使い方

「忌み嫌う」の表現の使い方は、「ある人物をひどく嫌って遠ざけようとする場合」「特定の物事を嫌って避けようとする時」に使うという使い方になります。

例えば、「私が彼女を忌み嫌うようになった理由は、彼女が学生時代に私を執拗に仲間外れにしてきたからなのです」といった文章で使うことができます。

「忌み嫌う」を使った例文と意味を解釈

「忌み嫌う」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「忌み嫌う」を使った例文1
  • 「忌み嫌う」を使った例文2

「忌み嫌う」を使った例文1

「彼女は理不尽なDV・モラハラを受けていた過去があるため、今でも別れた彼氏のことを忌み嫌っています」

この「忌み嫌う」を使った例文は、「彼女は理不尽なDV・モラハラを受けていた過去があるため、今でも別れた彼氏のことをひどく嫌って遠ざけている」ということを意味しています。

「忌み嫌う」を使った例文2

「何年も前から、あの人が私のことを蛇蝎(だかつ)のごとく忌み嫌っている理由が全く分からないのです」

この「忌み嫌う」を使った例文は、「何年も前から、あの人が私のことをまるでヘビやサソリのようにひどく嫌って避けてくる理由が全く分からない」ということを意味しています。



「忌み嫌う」の類語や類義語

「忌み嫌う」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「嫌忌する・毛嫌いする」
  • 「煙たがる・気に食わない」

「嫌忌する・毛嫌いする」

「嫌忌する」という表現は、「ある人物・物事を嫌って避けること」を意味しています。

「毛嫌いする」というのは、「特段の理由もなく、相手・物事をひどく嫌うこと」を意味する表現です。

それらの意味合いから、特定の物事・人物をひどく嫌うことを示す「忌み嫌う」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「嫌忌する・毛嫌いする」を上げられます。

「煙たがる・気に食わない」

「忌み嫌う」という言葉は、「気に食わない相手のことを煙たがって避けたり遠ざけたりすること」を意味しています。

「煙たがる」の表現は「特定の相手のことを嫌って避けがちになる」を意味していて、「気に食わない」の表現は「自分と性格が合わずに嫌っている」を意味しています。

それらの意味から、「忌み嫌う」と近しい意味を持つ類義語として、「煙たがる・気に食わない」を指摘できます。

icon まとめ

「忌み嫌う」という言葉について解説しましたが、「忌み嫌う」には「その物事・人物を嫌って避けること」などの意味があります。

「忌み嫌う」の類語(シソーラス)・類義語としては、「嫌忌する・毛嫌いする」「煙たがる・気に食わない」などがあります。

「忌み嫌う」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。