意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「敢えて言わない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「敢えて言わない」とは、「意図的・意識的に言うべきことを言わない」を意味する言葉です。

「敢えて言わない」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「敢えて言わない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「敢えて言わない」とは?
  • 「敢えて言わない」の表現の使い方
  • 「敢えて言わない」を使った例文と意味を解釈
  • 「敢えて言わない」の類語や類義語


「敢えて言わない」とは?

「敢えて言わない」という表現は、「意図的・意識的に言うべきことを言わない」「何らかの意図(考え)があってわざと言わない」を意味しています。

「敢えて(あえて)」には、「意図的に・意識して・わざと・考えがあって・強いて」などの意味があります。

「敢えて言わない」というのは、「常識的(普通)に考えて言うべきことであっても、わざと言わないこと」「本来であれば言ってもいいこと(伝えてもいいこと)を、意識的に言わないこと」を意味している表現なのです。

  • 「敢えて言わない」の読み方

「敢えて言わない」の読み方

「敢えて言わない」の読み方は、「あえていわない」になります。



「敢えて言わない」の表現の使い方

「敢えて言わない」の表現の使い方は、「常識的(普通)に考えて言うべきことを、わざと言わない場合」「意識的・意図的に言わない場合」に使うという使い方になります。

例えば、「彼女に対する注意は、敢えて言わないことにしています」といった文章で使うことができます。

「敢えて言わない」を使った例文と意味を解釈

「敢えて言わない」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「敢えて言わない」を使った例文1
  • 「敢えて言わない」を使った例文2

「敢えて言わない」を使った例文1

「話している時に彼のズボンのチャックが開いていたが、本人には敢えて言わなかった」

この「敢えて言わない」を使った例文は、「話している時に彼のズボンのチャックが開いていたが、本人にはわざわざ(強いて)言わなかった」を意味しています。

「敢えて言わない」を使った例文2

「友達に関する中傷めいた悪い噂を耳にしてはいたが、その友達には敢えて言わなかった」

この「敢えて言わない」を使った例文は、「友達に関する根拠のない悪口のような悪い噂を耳にしてはいたが、その友達には(伝えても嫌な気分になるだけなので)意図的に強いて伝えなかった」を意味しています。



「敢えて言わない」の類語や類義語

「敢えて言わない」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「わざと言わない・強いて言わない」
  • 「意図的に言わない・意識して伝えない」

「わざと言わない・強いて言わない」

「敢えて言わない」という表現は、「わざと言ってもいいことを言わないこと」「言うべきことを強いて言わないこと」を意味しています。

その意味合いから、「敢えて言わない」と類似した意味を持つ類語(シソーラス)として、「わざと言わない・強いて言わない」を上げることができます。

「意図的に言わない・意識して伝えない」

「敢えて言わない」という言葉は、「言ってもいいことを意図的に言わないこと」「言うべきことを意識してわざと伝えないこと」を意味しています。

それらの意味から、「敢えて言わない」とほとんど同じような意味を持つ類義語として、「意図的に言わない・意識して伝えない」という表現を指摘できます。

icon まとめ

「敢えて言わない」という言葉について解説しましたが、「敢えて言わない」には「意図的・意識的に言うべきことを言わない」などの意味があります。

「敢えて言わない」の類語(シソーラス)・類義語としては、「わざと言わない・強いて言わない」「意図的に言わない・意識して伝えない」などがあります。

「敢えて言わない」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。