意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「感極まる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「感極まる」とは、「非常に深く感動すること・ひどく感激すること」を意味する言葉です。

「感極まる」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「感極まる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「感極まる」とは?
  • 「感極まる」の表現の使い方
  • 「感極まる」を使った例文と意味を解釈
  • 「感極まる」の類語や類義語


「感極まる」とは?

「感極まる」という表現は、「非常に深く感動すること」「ひどく感激すること」を意味しています。

「感極まる」というのは、「誰かの行為や何らかの作品(物事)に触れて、非常に深く感動(感激)すること」「肯定的な感情がこれ以上ないくらいに高まって、非常に深く感動すること」を意味する表現なのです。

  • 「感極まる」の読み方

「感極まる」の読み方

「感極まる」の読み方は、「かんきわまる」になります。



「感極まる」の表現の使い方

「感極まる」の表現の使い方は、「誰かの行為・何かの作品(物事)を体験して、非常に深く感動した時」に使うという使い方になります。

例えば、「長年にわたって応援しているサッカーチームが優勝して、感極まりました」といった文章で、「感極まる」という表現を使用することができます。

「感極まる」を使った例文と意味を解釈

「感極まる」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「感極まる」を使った例文1
  • 「感極まる」を使った例文2

「感極まる」を使った例文1

「我が子が高校を卒業して希望していた大学に進学していく成長した姿を見ていて、感極まりました」

この「感極まる」を使った例文は、「我が子が高校を卒業して希望していた大学に進学していく成長した姿を見ていて、これ以上ないほどの感動(感激)が押し寄せた」ということを意味しています。

「感極まる」を使った例文2

「過去の人生で感極まるような経験をしているかしていないかで、その人の持つ人間観や世界観は大きく変わってきます」

この「感極まる」を使った例文は、「過去の人生で、心が強く揺さぶられるくらいに感動する経験をしているかしていないかで、その人の持つ人間観・世界観は大きく変わってくる」ということを意味しています。



「感極まる」の類語や類義語

「感極まる」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「万感胸に迫る・胸がいっぱいになる」
  • 「魂が揺さぶられる・心が震える」

「万感胸に迫る・胸がいっぱいになる」

「万感胸に迫る」という表現は、「非常に強い感動・感激の感情が、胸に押し寄せてくるさま」「非常に強い感情によって胸がいっぱいになってしまうこと」を意味しています。

それらの意味から、非常に深く感動することを示す「感極まる」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「万感胸に迫る・胸がいっぱいになる」を指摘することができます。

「魂が揺さぶられる・心が震える」

「感極まる」という表現は、「誰かの行為やある物事に強く感動(感激)して、魂が揺さぶられること」「非常の強い感動によって、心が打ち震えるさま」を意味しています。

それらの意味合いから、「感極まる」に近しい類似の意味を持つ類義語として、「魂が揺さぶられる・心が震える」を上げられます。

icon まとめ

「感極まる」という言葉について解説しましたが、「感極まる」には「非常に深く感動すること・ひどく感激すること」などの意味があります。

「感極まる」の類語(シソーラス)・類義語としては、「万感胸に迫る・胸がいっぱいになる」「魂が揺さぶられる・心が震える」などがあります。

「感極まる」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。