意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「そのまま」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「そのまま」とは、「見た目・状態・性質・考え方などが以前から変わらないこと」を意味する言葉です。

「そのまま」「意味・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

そのまま

Meaning-Book
「そのまま」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「そのまま」とは?
  • 「そのまま」の表現の使い方
  • 「そのまま」を使った例文と意味を解釈
  • 「そのまま」の類語や類義語


「そのまま」とは?

「そのまま」という表現は、「見た目・状態・性質・考え方などが以前からずっと変わらないこと」を意味しています。

「そのまま」というのは、「元のまま・今のままであるさま」「その状態のとおりで変化がないこと」を意味する表現なのです。

「そのまま」の漢字表記は、「其の儘」になります。

また「そのまま」という言葉には、「そのものにそっくりであるさま」「あるものに非常に良く似ていること」という意味もあります。



「そのまま」の表現の使い方

「そのまま」の表現の使い方は、「元のままの状態で変化がない時」「見た目・性質・特徴などに変わりがない場合」に使うという使い方になります。

例えば、「冷たいそのままの状態でもお召し上がりになられます」「そのままの体勢を維持してください」などの文章で使用できます。

「そのまま」を使った例文と意味を解釈

「そのまま」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「そのまま」を使った例文1
  • 「そのまま」を使った例文2

「そのまま」を使った例文1

「そのままの成績を上手く維持することができれば、志望校の入試には確実に合格できると思います」

この「そのまま」を使った例文は、「今のままの変わらない成績を、上手く維持することができれば、志望校の入試には確実に合格できると思う」を意味しています。

「そのまま」を使った例文2

「幼い頃に生き別れになった兄弟と再開した時、自分そのままである別の男がすぐそこに立っていることにひどく驚きました」

この「そのまま」を使った例文は、「幼い頃に生き別れになった兄弟と再開した時、自分に非常に良く似た別の男(自分に瓜二つのそっくりな別の男)が、すぐそこに立っていることにひどく驚いた」を意味しています。



「そのまま」の類語や類義語

「そのまま」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「今のまま・変化がない」
  • 「そっくり・瓜二つ」

「今のまま・変化がない」

「そのまま」という表現は、「今のまま(元のまま)の状態で変化が見られないさま」を意味しています。

その意味合いから、「そのまま」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「今のまま・変化がない」の表現を指摘できるのです。

「そっくり・瓜二つ」

「そのまま」という言葉は、「非常に良く似ていてそっくりであること」を意味しています。

「瓜二つ」という表現は、「見分けがつかないほどに似ていてそっくりであるさま」を意味しています。

それらの意味から、「そのまま」と近しい類似した意味を持つ類義語として、「そっくり・瓜二つ」という表現を上げられます。

icon まとめ

「そのまま」という言葉について解説しましたが、「そのまま」には「見た目・状態・性質・考え方などが以前から変わらないこと」などの意味があります。

「そのまま」の類語(シソーラス)・類義語としては、「今のまま・変化がない」「そっくり・瓜二つ」などがあります。

「そのまま」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。