意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「妄執」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「妄執」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「妄執」という言葉の理解を深めていきましょう。

妄執

Meaning-Book
「妄執」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「妄執」とは?
  • 「妄執」の表現の使い方
  • 「妄執」を使った例文と意味を解釈
  • 「妄執」の類語や類義語


「妄執」とは?

「妄執」とは迷った心で、物事に深く執着することを言います。

  • 「妄執」の読み方

「妄執」の読み方

「妄執」と書いて「もうしゅう」と読みます。

「もうしつ」と読まないように注意しましょう。



「妄執」の表現の使い方

「妄執」とは仏教の言葉でもありますが、迷った心で物事に深く執着することを言います。

そもそも「執着」自体もあまりいい意味合いとは言えませんので「妄執」もやはり悪い意味合いとして使われることが多い印象です。

「妄執にとらわれている」「金に妄執している」という風に使います。

「妄執」を使った例文と意味を解釈

それでは「妄執」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「妄執」を使った例文1
  • 「妄執」を使った例文2

「妄執」を使った例文1

「お金への妄執から、あの家の不幸は始まった」

「妄執」とは迷った心で、物事に深く執着することを言います。

迷った心ですから正常な判断はできていないともとらえられるわけです。

例文ではお金に対する間違った判断、執着心が家庭の不幸へと繋がったと言っているのです。

「妄執」を使った例文2

「妄執にとらわれている以上、何を言っても今は駄目でしょう」

「妄執にとらわれる」とは迷った心で、物事に深く執着していることを言います。

そのような状態であれば、正しいことを周りが言っても受け入れることは難しいでしょう。



「妄執」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「妄執」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「邪念」【じゃねん】
  • 「俗念」【ぞくねん】
  • 「妄想」【もうそう】

「邪念」【じゃねん】

「邪念」とは人としての道にはずれている考え方、本来の目的ではない余計な考えのことを言います。

「あの女性は、邪念を抱いているな」「邪念を振り払って、今しなければならないことに集中しなさい」「お前には邪念がある」などと使います。

「俗念」【ぞくねん】

「俗念」とは世間的な名誉、利益、快楽といったことに惹かれてしまう心のことを言います。

卑しい心という意味でもあります。

「俗念にまみれている男だからどうしようもない」「俗念を去る」「俗念を捨てて、生まれ変わりたいと思う」という風に使います。

「妄想」【もうそう】

「妄想」とは精神的に、誤った思惟、判断のことを言います。

「あらぬことを妄想する癖がある」「被害妄想が激しいと言われたが嫌がらせがあったのは事実なのだ」「彼は妄想にふけるところがあるのでちょっと怪しいな」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「妄執」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。