意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「知られない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「知られない」という言葉を普段の生活の中やビジネスの場面でも何気なく使っているかと思います。

ごく当たり前に使われている言葉にだけに、言葉そのものの意味で改めて問いかけるような機会がほとんどないでしょう。

そこで今回は、この「知られない」について、色々と考えていきたいと思います。

知られない

Meaning-Book
「知られない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「知られない」とは?
  • 「知られない」の表現の使い方
  • 「知られない」を使った例文と意味を解釈
  • 「知られない」の類語や類義語


「知られない」とは?

「知られない」とは、「まだ誰も知らない」「まだ他の人達に気づかれていない」「認知されない」といった意味を持つ文語的な表現です。

  • 「知られない」の読み方

「知られない」の読み方

「知られない」「しられない」と読みますが、特別な読み方ではないので、確認する程度で構わないでしょう。



「知られない」の表現の使い方

「知られない」「誰に知らない」といった意味があるので、ビジネスシーンで秘匿情報を扱うような場面で使うことになるでしょう。

「知られない」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「知られない」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「知られない」を使った例文1
  • 「知られない」を使った例文2

「知られない」を使った例文1

「君の生い立ちを秘密にして、他の人に知られないようにしなくてはならない。そうしないともっとひどい目にあってしまう可能性がある」

ちょっと普通の日常の中では、あまり出てきそうな会話ではない感じがします。

どちらかというと、テレビドラマの中でのセリフのように思えるのですが、「君」の過去に色々とあったために知られてしまうと、さらに迫害を受ける可能性があることを示唆しています。

「知られない」を使った例文2

「企業で扱う社内データは、暗号化してメールをする必要性があるし、複合化に用いる暗証鍵も第三者に知られないようにしなくてはならない」

ビジネスシーンで「知られない」を使うと、このような例文があります。

インターネットがビジネスでも活用されるようになって久しいのですが、このように社内データをメールなどでやり取りする際に、暗号化して送ることが義務付けられているケースが一般的になってきました。

情報漏洩対策の一環です。



「知られない」の類語や類義語

「知られない」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「ポピュラーでない」
  • 「未開拓」【みかいたく】

「ポピュラーでない」

「ポピュラーでない」という言葉が「知られない」に近い意味を持つ類義語の1つてして扱うことができるでしょう。

「あまり人々に知られていない」という意味で使われていますが、活用シーンもビジネスよりも日常的な場面が多いかもしれません。

「未開拓」【みかいたく】

「未開拓」という言葉も「知られない」と似た解釈ができるでしょう。

「未だに開拓されていない」「物事が未だに周知されていない」「手付かずの」などの意味を持つ表現です。

icon まとめ

「知られない」ということをついて、色々な観点から見てきましたが、この言葉が使われるケースとしては、他の誰にも知られるとまずいことがある場合に使われそうです。

そのようなことを理解して使いこなせるようにしておく必要があるでしょう。