意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「出来事」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「出来事」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「出来事」という言葉を使った例文や、「出来事」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「出来事」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「出来事」とは?
  • 「出来事」を使った例文や短文など
  • 「出来事」の類語や類義語・言い換え


「出来事」とは?

「出来事」という言葉を知っているでしょうか。

眠る前に「今日の出来事を振り返る」という人もいるでしょう。

一方で、「出来事」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「出来事」という言葉の意味を紹介します。

  • 「出来事」の読み方
  • 「出来事」の意味

「出来事」の読み方

「出来事」「できごと」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「出来事」「できごと」と読みましょう。

「出来事」の意味

「出来事」という言葉の意味を紹介します。

「出来事」には、「社会や身の回りに起こった事」という意味があります。

また「不意に起こった事件や事故」という意味もあります。

「今日の出来事」を眠る前に振り返る人は、今日身の回りに起こった事柄を振り返っているのではないでしょうか。

このように「出来事」という言葉には、「社会や身の回りに起こった事」「不意に起こった事件や事故」という意味もあります。



「出来事」を使った例文や短文など

「出来事」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「出来事」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「出来事」を使った例文1
  • 「出来事」を使った例文2

「出来事」を使った例文1

「この恋は、ひと夏の忘れられない『出来事』だ」

この例文に登場する人は、夏の季節に忘れられないような恋をしたようです。

このように、身の回りに起こった事柄を「出来事」と言います。

夏の恋は終わりやすいと言いますが、記憶には残りやすいかもしれません。

「出来事」を使った例文2

「一瞬の『出来事』で何も対処できなかった」

この例文は事故などに遭った人の感想になります。

このように不意に起こった事件や事故を「出来事」と呼ぶことがあります。

巨大な竜巻などに飲みこまれる時、対処できる人は少ないかもしれません。

「出来事」の類語や類義語・言い換え

「出来事」の類語や類似表現を紹介します。

「出来事」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「事故」【じこ】
  • 「大事」【だいじ】

「事故」【じこ】

「事故」には「予期せず起こった悪い出来事」という意味があります。

「交通事故」は、自動車や自転車などによる、思いがけず起こった悪い出来事という意味があります。

「大事」【だいじ】

「大事」には、「重大な出来事」「容易でない出来事」という意味があります。

事故などが軽傷で済んだ時に、「大事にならなくてよかった」という時は、重大な怪我などを負わなくて良かったという意味があります。



icon まとめ

「出来事」という言葉について見てきました。

社会や身の回りに起こる事柄について話す時、また不意に起こった事件や事故について話す時、「出来事」という言葉を使ってみましょう。