意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「滾る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「滾る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「滾る」という言葉を使った例文や、「滾る」の類語を紹介して行きます。

滾る

Meaning-Book
「滾る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「滾る」とは?
  • 「滾る」を使った例文や短文など
  • 「滾る」の類語や類義語・言い換え


「滾る」とは?

「滾る」という言葉を知っているでしょうか。

「お湯が滾る」様子を見たことがあるかもしれません。

一方で、「滾る」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「滾る」という言葉の意味を紹介します。

  • 「滾る」の読み方
  • 「滾る」の意味

「滾る」の読み方

「滾る」「たぎる」と読みます。

かなり難しい漢字が使われているため、初見で正しく読むのは難しいかもしれません。

これを機会に、「滾る」「たぎる」と読みましょう。

「滾る」の意味

「滾る」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「滾る」には「水が逆巻いて激しく流れる」という意味があります。

また「煮え立つ」という意味もあります。

「お湯が滾る」には、「お湯が煮え立つ」という意味があります。

さらに「激する気持ちが盛んに湧きおこる」という意味もあります。

このように「滾る」という言葉には、「水が逆巻いて激しく流れる」「お湯が煮え立つ」「激する気持ちが盛んに湧きおこる」という意味もあります。



「滾る」を使った例文や短文など

「滾る」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「滾る」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「滾る」を使った例文1
  • 「滾る」を使った例文2

「滾る」を使った例文1

「雨が降った次の日、道沿いの川が『滾っている』」

この例文は、雨が降った翌日に、川の水量が増えたため、いつもよりも流れが速く、水流同士がぶつかって波が起こっている場面になります。

用水路などが「滾る」とこのように、かなり迫力があり、近くを歩くのが怖くなるでしょう。

「滾る」を使った例文2

「部活に入った当日、全身の血が『滾る』のを感じた」

この例文に登場する人は、感情が激しく高まり、情熱が盛んに起こっているようです。

このように部活に入った日、会社に入った日などの感情の高まりは、「滾る」と表現してみましょう。

「滾る」の類語や類義語・言い換え

続いて「滾る」の類語や類似表現を紹介します。

「滾る」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「燃える」【もえる】
  • 「逆巻く」【さかまく】

「燃える」【もえる】

「燃える」には「火がついて炎が立つ」という意味があります。

また「激しく気持ちが高まる」という意味もあります。

「紙が燃える」「気持ちが燃える」などという使い方をします。

「逆巻く」【さかまく】

「逆巻く」には、「川や潮の流れに逆らうように波が巻き上がる」という意味があります。

水流同士がぶつかった時に、激しく波立つ時、「逆巻く」と言います。



icon まとめ

「滾る」という言葉について見てきました。

水が逆巻いて激しく流れる様子を見た時、お湯などが煮える様子を見た時、激する気持ちが盛んに湧きおこっているのを見た時、「滾る」という言葉を使ってみましょう。