意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「予想外」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんの中にも、日々の生活の中で「予想外」の出来事に出くわして面食らった経験を持っている人もたくさんいらっしゃるかと思います。

しかし、この言葉はよく使われているだけに言葉の意味や活用例を深く考える機会が少ないかもしれません。

そこで今回は、この「予想外」という言葉にフォーカスして考察したいと思います。

予想外

Meaning-Book
「予想外」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「予想外」とは?
  • 「予想外」の表現の使い方
  • 「予想外」を使った例文と意味を解釈
  • 「予想外」の類語や類義語


「予想外」とは?

「予想外」とは「事前に予想した範囲を越えていること」という意味がある言葉です。

  • 「予想外」の読み方

「予想外」の読み方

「予想外」「よそうがい」という読み方になりますが、普段からよく耳にする言葉なので、ここでしっかりと確認しておきましょう。



「予想外」の表現の使い方

「予想外」とは、「当初から想定してきた範囲を越えている」という意味になるので、目の前に突発的な出来事に遭遇して、そのことが常識では考えられないことで、驚いた時に使われます。

「予想外」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「予想外」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「予想外」を使った例文1
  • 「予想外」を使った例文2

「予想外」を使った例文1

「予想外の爆発事故で多くの犠牲者が出てしまい、今後の再発防止が強く求められることになった」

「予想外」の出来事でも、例文に出てくるような「予想外」は軽く扱うことができません。

何故なら人命に関わることで、何よりも人の命が優先されることが重要です。

したがってこのようなトラブルは根絶する姿勢で対策を講じる必要があります。

「予想外」を使った例文2

「予想外の円高ドル安で企業の業績が良くなってきた」

為替の変動で企業の業績が大きく左右されることは、ビジネスの世界ではよくあることです。

しかし、それが追い風となるのであればいいのですが、景気悪化の原因になる要素があるなら、「予想外」の出来事にするのではなく、為替に左右されない強い体質作りが必要です。



「予想外」の類語や類義語

ここで「予想外」の類義語として、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「驚くべき」【おどろくべき】
  • 「 思い掛けない」【おもいがけない】

「驚くべき」【おどろくべき】

「驚くべき」「予想外」の類義語として扱うことができますが、「思いもかけないこと、驚きまたは驚嘆を引き起こすさま」という意味で使われます。

「 思い掛けない」【おもいがけない】

「思い掛けない」という言葉も類義語としてありますが、「予想または予期されない」「以ての外」「ひょんな」などの意味があります。

icon まとめ

「予想外」という言葉の意味や使い方を紹介してきましたが、私達の日々の生活やビジネスシーンの中でも、よく「予想外」のことが降りかかってきます。

ここで大事なことは、常に冷静で物事に対象することができるかどうかというここです。

特に仕事の世界では、「予想外」のことが頻繁に起こってくる可能性が高いので、常に冷静な態度で臨むことが大切だと思うのです。

それが「予想外」に対する心構えです。