意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「堂々とした」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「堂々とした」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「堂々とした」という言葉を使った例文や、「堂々とした」の類語を紹介して行きます。

堂々とした

Meaning-Book
「堂々とした」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「堂々とした」とは?
  • 「堂々とした」を使った例文や短文など
  • 「堂々とした」の類語や類義語・言い換え


「堂々とした」とは?

「堂々とした」という言葉を知っているでしょうか。

「堂々とした態度」をする人の姿がイメージできたかもしれません。

一方で、「堂々とした」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「堂々とした」という言葉の意味を紹介します。

  • 「堂々とした」の読み方
  • 「堂々とした」の意味

「堂々とした」の読み方

「堂々とした」「どうどうとした」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「堂々とした」「どうどうとした」と読みましょう。

「堂々とした」の意味

「堂々とした」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「堂々とした」には、「人物が厳かな雰囲気をまとっている様子」「貫禄のある様子」という意味があります。

また「困難な状況に直面しても動じない姿勢の人」に対して「堂々とした」という言葉を使います。

このように「堂々とした」という言葉には、「人物が厳かな雰囲気をまとっている様子」「貫禄のある様子」「困難な状況に直面しても動じない姿勢の人」に対して「堂々とした」という言葉を使います。



「堂々とした」を使った例文や短文など

「堂々とした」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「堂々とした」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「堂々とした」を使った例文1
  • 「堂々とした」を使った例文2

「堂々とした」を使った例文1

「彼女はまだ20歳なのに、『堂々とした』スピーチをする」

この例文のように、まだ年若いのに物おじせず動じない姿勢でスピーチができる人がいます。

このような人の様子は「堂々とした」という言葉がぴったりでしょう。

「堂々とした」を使った例文2

「もっと『堂々とした』態度で、指揮をとれと上司から言われる」

この例文に登場する人は、自分が上に立つ立場になりながら、貫禄のある態度を取れないタイプの人でしょう。

毅然とした態度で指揮を執った方が、部下も働きやすいため、「堂々としていない」人に対しては、さらに上司から注意があるかもしれません。

「堂々とした」の類語や類義語・言い換え

「堂々とした」の類語や類似表現を紹介します。

「堂々とした」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「威厳がある」【いげんがある】
  • 「重みがある」【おもみがある】

「威厳がある」【いげんがある】

「威厳がある」には、「おごそかで、堂々とした雰囲気を持っている様子」という意味があります。

「威厳のある社長」「威厳のある玄関」などという使い方をします。

「重みがある」【おもみがある】

「重みがある」という言葉には、「目方の重いこと」という意味や、「その人や物事から受ける重厚な様子」という意味があります。

「重みのある発言」は、重厚な雰囲気をまとった発言ということになります。



icon まとめ

「堂々とした」という言葉について見てきました。

困難に直面しても動じない姿勢の人を見た時、貫禄があると感じられる人を見た時に、「堂々とした」という言葉を使ってみましょう。