意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「すごい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「すごい」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「すごい」という言葉を使った例文や、「すごい」の類語を紹介して行きます。

すごい

Meaning-Book
「すごい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「すごい」とは?
  • 「すごい」を使った例文や短文など
  • 「すごい」の類語や類義語・言い換え


「すごい」とは?

「すごい」という言葉を知っているでしょうか。

「すごい傑作小説」などを読んだことがあるかもしれません。

一方で、「すごい」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「すごい」という言葉の意味を紹介します。

  • 「すごい」の漢字
  • 「すごい」の意味

「すごい」の漢字

「すごい」を漢字にすると、どのような表現になるでしょうか。

「すごい」は漢字で「凄い」と書きます。

「凄い」という文字を見つけたら、「すごい」と読むと覚えておきましょう。

「すごい」の意味

「すごい」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「すごい」には「ぞっとするほど恐ろしく思うこと」という意味があります。

また「すごい」には、「程度が甚だしい」「並はずれている」という意味があります。

そのため「すごい傑作小説」は、普通の傑作小説より、程度が甚だしいほど傑作だという意味になります。

このように、「すごい」という言葉には「ぞっとするほど恐ろしく思うこと」「程度が甚だしい」「並はずれている」という意味があります。



「すごい」を使った例文や短文など

「すごい」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「すごい」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「すごい」を使った例文1
  • 「すごい」を使った例文2

「すごい」を使った例文1

「彼の『すごい』プレーが飛び出し、ピンチを切り抜けた」

この例文は、誰かの恐ろしいようなファインプレーが飛び出し、味方がピンチを切り抜けた場面になります。

野球なら、絶対追いつけないような大飛球を壁に向かってジャンプしながら補球したような場面かもしれません。

「すごい」を使った例文2

「『すごい』量のラーメンが出てきて、食べきれるかどうか心配になる」

みなさんも大盛りで有名なお店に行き、このように「ぞっとして恐ろしくなるような量」のラーメンに出会ったことがあるかもしれません。

このようなラーメンは「すごい量のラーメン」と言えます。

「すごい」の類語や類義語・言い換え

「すごい」の類語や類似表現を紹介します。

「すごい」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「素晴らしい」【すばらしい】
  • 「目覚ましい」【めざましい】

「素晴らしい」【すばらしい】

「素晴らしい」には、「著しく美しい、魅力的」という意味があります。

また「非常に優れている」「非常に好ましい」という意味があります。

「素晴らしい景色」は、著しく美しく、魅力的な景色と言えるでしょう。

「目覚ましい」【めざましい】

「目覚ましい」には「目が覚めるほど素晴らしい」という意味があります。

「目覚ましい活躍」という時は、目が覚めるほど素晴らしい活躍をしているという意味になります。



icon まとめ

「すごい」という言葉について見てきました。

ぞっとするほど恐ろしく思った時、びっくりするほど程度が甚だしいものを見た時に、「すごい」という言葉を使ってみましょう。