意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「善悪」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「善悪」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「善悪」という言葉を使った例文や、「善悪」の類語を紹介して行きます。

善悪

Meaning-Book
「善悪」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「善悪」とは?
  • 「善悪」を使った例文や短文など
  • 「善悪」の類語や類義語・言い換え


「善悪」とは?

「善悪」という言葉を知っているでしょうか。

「善悪の判断ができない人」などの言い回しを知っているかもしれません。

一方で、「善悪」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「善悪」という言葉の意味を紹介します。

  • 「善悪」の読み方
  • 「善悪」の意味

「善悪」の読み方

「善悪」「ぜんあく」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「善悪」「ぜんあく」と読みましょう。

「善悪」の意味

「善悪」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「善悪」には、「善と悪」という意味があります。

また「善悪」には「良し悪し」「善人と悪人」という意味もあります。

「善悪の判断ができない人」は、目の前で起こった事件などに向き合った時、誰が良い人で誰が悪い人か判断できない人かもしれません。

このように「善悪」という言葉には、「善と悪」「良し悪し」「善人と悪人」という意味もあります。



「善悪」を使った例文や短文など

「善悪」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「善悪」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「善悪」を使った例文1
  • 「善悪」を使った例文2

「善悪」を使った例文1

「大人になったら、『善悪』の区別がつかないといけない」

この例文のように、ある程度の年齢になったら、良い人と悪い人、また誰かの行いが善であるか、悪であるか、区別できるようにならないと困るかもしれません。

純粋なだけでは、世の中は渡れないかもしれません。

「善悪」を使った例文2

「『善悪』は立場によって入れ替わる」

この例文のように、良いこと、悪いことは、立場によって変わるかもしれません。

例えば、あるエリアにだけお金を運ぶ政治家は、国民からすれば悪に見えるでしょう。

しかし、そのエリアで暮らす人にとっては、善だと感じるかもしれないためです。

「善悪」の類語や類義語・言い換え

「善悪」の類語や類似表現を紹介します。

「善悪」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「良し悪し」【よしあし】
  • 「是非」【ぜひ】

「良し悪し」【よしあし】

「良し悪し」「良いことと悪いこと」という意味があります。

「物語の良し悪しを語り合う」という時は、その物語が良いのか悪いのかを語るという意味があります。

「是非」【ぜひ】

「是非」には、「良いことと悪いこと」「正しいことと、正しくないこと」という意味があります。

「是非を論じる」という時は、ある物事が正しいかどうかを話し合うという意味があります。



icon まとめ

「善悪」という言葉について見てきました。

善と悪について話をする時、どうあろうとも、いずれにせよという言葉を他の言葉にしたい時、「善悪」という言葉を使ってみましょう。