意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「勝機」とは?意味や使い方!例文や解釈

「勝機」とは、「戦い・勝負・試合で相手に勝つことができる機会」を意味する言葉です。

「勝機」「意味・読み方・使い方・勝機を使った言葉・例文と解釈・勝機と好機の意味の違い・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

勝機

Meaning-Book
「勝機」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「勝機」とは?
  • 「勝機」の表現の使い方
  • 「勝機」を使った言葉と意味を解釈
  • 「勝機」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「勝機」と「好機」の意味の違い
  • 「勝機」の類語や類義語・言い換え
  • 「勝機」の英語と解釈


「勝機」とは?

「勝機」という表現は、「戦い・勝負・試合で相手に勝つことができる機会」を意味しています。

「勝機」というのは、「戦争・勝負事で相手(敵)に勝利することができる機会」「相手(敵)を打ちますことができるチャンス」を意味している表現なのです。

「勝機」の表現は一般的に、「勝機を見出す・勝機を逃す(勝機を逃さない)」といった慣用句的な表現で使用されることが多い表現になっています。

  • 「勝機」の読み方

「勝機」の読み方

「勝機」の読み方は、「しょうき」になります。



「勝機」の表現の使い方

「勝機」の表現の使い方は、「戦い・勝負・試合などで相手に勝つことができる機会やチャンス」を意味して使うという使い方になります。

「勝機」という表現は、「相手(敵)を打ち負かすことができる機会・時機がある場合」に使うことができる表現なのです。

例えば、「あのアメフト部の監督は、勝機を掴むためには何でもすることで有名な人物でした」といった文章で、「勝機」の表現を使うことができます。

「勝機」を使った言葉と意味を解釈

「勝機」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「勝機を見出す」【しょうきをみいだす】
  • 「勝機を逸する」【しょうきをいっする】
  • 「唯一の勝機」【ゆいいつのしょうき】

「勝機を見出す」【しょうきをみいだす】

「勝機を見出す」という表現は、「試合・戦いなどにおいて、相手(敵)に勝てる機会・可能性を見つけ出すこと」を意味しています。

例えば、「どんなピンチでも、粘り強く戦い続けることができれば、どこかの時点で勝機を見出すことができます」といった文章で使うことができます。

「勝機を逸する」【しょうきをいっする】

「勝機を逸する」という言葉は、「勝負事・戦争などにおいて、相手(敵)に勝つことができる機会・チャンスを取り逃してしまうこと」を意味しています。

例えば、「差し迫った試合の局面では、一瞬の油断によって勝機を逸してしまうということが珍しくないのです」といった文章において、この言葉が使われます。

「唯一の勝機」【ゆいいつのしょうき】

「唯一の勝機」という表現は、「その時以外にはない一回だけの勝てる機会・チャンス」「ただ一回だけの相手に勝つことができる貴重な機会・時機」を意味しています。

例えば、「集中して唯一の勝機を確実にものにできることが、大きな大会で優勝するために欠かすことができない条件になります」といった文章で使用することができます。



「勝機」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「勝機」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「勝機」を使った例文1
  • 「勝機」を使った例文2

「勝機」を使った例文1

「勝てる可能性がゼロではない以上、諦めずに相手の戦力・戦略を分析して戦えば、試合のどこかで勝機を見出せるはずです」

この「勝機」を使った例文は、「勝てる可能性がゼロではない以上、諦めずに相手の戦力・戦略を分析して戦えば、試合のどこかで相手に勝つことができる機会・可能性を見つけ出せるはずだ」ということを意味しています。

「勝機」を使った例文2

「テニスの重要な試合で最後まで集中力を維持することができずに、惜しいところで勝機を逃してしまいました」

この「勝機」を使った例文は、「テニスの重要な試合で最後まで集中力を維持することができずに、もう少しで勝てるというところで、試合に勝利することができる機会・チャンスを逃してしまった」を意味しています。

「勝機」と「好機」の意味の違い

「勝機」「好機」の意味の違いは、「勝機(しょうき)」という表現は「試合・勝負事などにおいて、相手(敵)に勝つことができる機会・時機」を意味していますが、「好機」という表現は「何かの物事・活動をするのにちょうど良い機会・チャンス」を意味しているという違いがあります。

「勝機」という表現は「相手(敵)との勝負・試合において勝利することができる機会」に特化した意味のニュアンスになっていますが、「好機」という表現は「勝機も含めた何らかの物事をするのにちょうど良いタイミング・機会・チャンス」を意味しているという違いがあるのです。

「好機」の方が「勝機」よりも、「色々な行動の幅広い機会」を意味しています。

「勝機」の類語や類義語・言い換え

「勝機」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「戦機・時機」
  • 「機が熟す・時が満ちる」
  • 「グッドタイミング・頃合い」

「戦機・時機」

「勝機」の類義語・言い換えとして、「戦機・時機」があります。

「戦機」という表現は、「戦うのに適した機会・戦いで勝利を得やすい機会」を意味しています。

「時機」という言葉は、「ちょうど良い時期・タイミングが良い時」を意味しています。

それらの意味から、相手に勝つことができる機会を示す「勝機」は、「戦機・時機」という表現で言い換えられます。

「機が熟す・時が満ちる」

「勝機」の類語・言い換えとして、「機が熟す・時が満ちる」があります。

「勝機」という表現は、「戦い・勝負事において勝利を得やすい時が満ちたこと、機が熟したこと」を意味しています。

「機が熟す」の慣用句は、「何かの物事をするのにちょうど良い時機になったこと、時間的条件が整ったこと」を意味しています。

その意味合いから、「勝機」と近しい類似の意味を持つ類語(シソーラス)として、「機が熟す・時が満ちる」を指摘できます。

「グッドタイミング・頃合い」

「勝機」の類義語・言い換えには、「グッドタイミング・頃合い」があります。

「勝機」という表現は、「試合・勝負で勝利を得るためにちょうど良いタイミングや頃合い(時期)」のことを意味しています。

その意味合いから、「勝機」という表現は「グッドタイミング・頃合い」という表現で言い換えることが可能です。

「勝機」の英語と解釈

勝機 meaning in english

「勝機」という言葉を英語で書き表すと、以下のようになります。

“chance to win”(勝つためのチャンス・勝利の機会・勝機)

“chance of victory, chance of winning”(勝利のチャンス・勝利の好機・勝機)

  • “We finally seized a chance to win a hard game with rivals.”

“We finally seized a chance to win a hard game with rivals.”

「勝機」の言葉を使ったこの英語の例文は、「私たちは、ライバルとの激しい試合における勝機を遂に(やっと)つかんだ」ということを意味しています。

icon まとめ

「勝機」という言葉について徹底的に解説しましたが、「勝機」には「戦い・勝負・試合で相手に勝つことができる機会」などの意味があります。

「勝機」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「戦機・時機」「機が熟す・時が満ちる」「グッドタイミング・頃合い」などがあります。

「勝機」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。