意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「重視」とは?意味や類語!例文と解釈

「重視」とは、「重要なものとして見ること・重大な意味のあるものとして注目すること」を意味する言葉です。

「重視」「意味・読み方・対義語・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

重視

Meaning-Book
「重視」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「重視」とは?
  • 「重視」の対義語
  • 「重視」の表現の使い方
  • 「重視」を使った例文と意味を解釈
  • 「重視」の類語や類義語


「重視」とは?

「重視」という表現は、「重要なものとして見ること」「重大な意味(価値)のあるものとして注目すること」を意味しています。

「重視」というのは、「ある物事・人物・事態などを重く見て、大切(大事)だと考えること」を意味する表現なのです。

例えば、「この環境条件の変化は重視しなければならない」といった文章において、「重視」の典型的な意味を示すことができます。

  • 「重視」の読み方

「重視」の読み方

「重視」の読み方は、「じゅうし」になります。



「重視」の対義語

「重視」の対義語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「軽視」【けいし】

「軽視」【けいし】

「重視」の対義語(反対語)として、「軽視」が上げられます。

「軽視」という表現は、「ある物事・人物のことを軽く考えて、その価値・意味・影響力を認めないこと」を意味しています。

「重視」という表現は「相手・物事を重く見て大事なものとして考えること」を意味していますが、「軽視」という表現は「相手・物事を軽く見てつまらないもの(取るに足らないもの)として考えること」を意味しています。

それらの意味の違いから、「重視」とは反対の意味を持つ対義語(反対語)として、「軽視」という言葉を指摘することができるのです。

「重視」の表現の使い方

「重視」の表現の使い方は、「ある物事・人物・事態に対して、重要なものとして注目する場合」に使うという使い方になります。

例えば、「交通事故が微増している状況を警察は重視していて、速度違反やあおり運転の取り締まりに力を入れ始めました」といった文章で、「重視」という表現を正しく使用することができます。



「重視」を使った例文と意味を解釈

「重視」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「重視」を使った例文1
  • 「重視」を使った例文2

「重視」を使った例文1

「企業の採用面接ではその会社・面接官が、自分のどういった部分を重視して査定しているのかを適切に予測することが大切になります」

この「重視」を使った例文は、「企業の採用面接ではその会社・面接官が、自分のどういった部分を重要なものとして見ながら査定しているのかを、適切に予測することが大切になる」ということを意味しています。

「重視」を使った例文2

「私は自分の人生において、素敵な人との出会いを一期一会(いちごいちえ)として重視したいのです」

この「重視」を使った例文は、「私は自分の人生において、素敵な人との出会いを一期一会(=一生に一回だけの出会い)として、重要・大切なものであると考えていきたい」ということを意味しています。

「重視」の類語や類義語

「重視」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「重んじる・重きを置く」
  • 「尊重・大切にする」

「重んじる・重きを置く」

「重視」という表現は、「ある物事・事態などを重んじること、重点を置いて大事にすること」を意味しています。

その意味合いから、「重視」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「重んじる・重きを置く」を指摘することができます。

「尊重・大切にする」

「尊重」という表現は、「ある物事・人物などを尊敬して重んじること」を意味しています。

「重視」という表現は、「ある物事・人物・事態を重んじて大切にすること」を意味しています。

それらの意味合いから、「重視」と近しい類似した意味を持つ類義語として、「尊重・大切にする(大事にする)」を上げることができるのです。

icon まとめ

「重視」という言葉について解説しましたが、「重視」には「重要なものとして見ること・重大な意味のあるものとして注目すること」などの意味があります。

「重視」の類語(シソーラス)・類義語としては、「重んじる・重きを置く」「尊重・大切にする」などがあります。

「重視」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。