意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「馴致」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「馴致」とは、「動物などをなれさせること・徐々にある状態になじんでいくさま」を意味する言葉です。

「馴致」の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

馴致

Meaning-Book
「馴致」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「馴致」とは?
  • 「馴致」の表現の使い方
  • 「馴致」を使った例文と意味を解釈
  • 「馴致」の類語や類義語


「馴致」とは?

「馴致」という表現は、「動物などをなれさせること」「徐々にある状態になじんでいくさま」を意味しています。

「馴致」というのは、「動植物などをある環境・待遇になれさせて適応させること」「ある環境・条件になじませて徐々にある状態になるように仕向けること」を意味している表現なのです。

  • 「馴致」の読み方

「馴致」の読み方

「馴致」の読み方は、「じゅんち」になります。



「馴致」の表現の使い方

「馴致」の表現の使い方は、「動植物などをある環境・扱い方になれさせて適応させる場合」「ある条件になじませて段階的にある状態になるようにする場合」に使うという使い方になります。

例えば、「野生動物を馴致することによって、人類は貴重な家畜を手に入れることができたと言われています」といった文章において、「馴致」という言葉を適切に使うことができます。

「馴致」を使った例文と意味を解釈

「馴致」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「馴致」を使った例文1
  • 「馴致」を使った例文2

「馴致」を使った例文1

「動物を馴致して人間にとって都合の良い環境・生態に適応させたことが、動物の家畜化の歴史の始まりだったのでしょう」

この「馴致」を使った例文は、「動物をある扱いになれさせて、人間にとって都合の良い環境・生態に適応させたことが、動物の家畜化の歴史の始まりだったのだろう」ということを意味しています。

「馴致」を使った例文2

「かつての奴隷制では、人間を調教して馴致するような非人道的な行為が行われていましたが、現代では決して許されないことです」

この「馴致」を使った例文は、「かつての奴隷制では、人間を調教してある処遇・環境に無理やりになじませるという非人道的な行為が行われていたが、現代では決して許されないことである」ということを意味しています。



「馴致」の類語や類義語

「馴致」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「馴れさせる・徐々に馴染ます」
  • 「適応・順応」

「馴れさせる・徐々に馴染ます」

「馴致」の類語・類義語として、「馴れさせる・徐々に馴染ます」があります。

「馴致」という表現は、「ある環境に馴れさせること」や「徐々になじませて適応させること」を意味しています。

それらの意味から、「馴致」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「馴れさせる・徐々に馴染ます」を指摘することができます。

「適応・順応」

「馴致」の類語・類義語には、「適応・順応」があります。

「馴致」という表現は、「動植物をある環境・処遇になじませて適応(順応)させること」を意味しています。

「順応」という表現は、「環境・処遇の変化に従って、行動・性質がそれに合わせて変わること」を意味しています。

それらの意味から、「馴致」に近しい類似の意味を持つ類義語として、「適応・順応」が上げられます。

icon まとめ

「馴致」という言葉について解説しましたが、「馴致」には「動物などをなれさせること・徐々にある状態になじんでいくさま」などの意味があります。

「馴致」の類語(シソーラス)・類義語としては、「馴れさせる・徐々に馴染ます」「適応・順応」などがあります。

「馴致」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。