意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「勢い余る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「勢い余る」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「勢い余る」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「勢い余る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「勢い余る」とは?
  • 「勢い余る」の表現の使い方
  • 「勢い余る」を使った例文と意味を解釈
  • 「勢い余る」の類語や類義語


「勢い余る」とは?

「勢い余り」というのは強さや速さの程度が限度を超え、力学的惰性によって好ましくない結果を生んでしまうことを表しています。

例えば、「勢い余って転んでしまいました」などと使われますね。

勢いが強くて止まれなくなる事を指しており、例えばアイススケートをしている時など、素早く滑ってしまったが故にうまく止まれず、壁にぶつかってしまった、などという場合にも「勢い余って壁にぶつかりました」などと表現できます。

  • 「勢い余る」の読み方

「勢い余る」の読み方

「勢い余る」という表現は「いきおいあまる」と読みます。

よく使われる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「勢い余る」の表現の使い方

「勢い余る」という表現は力や速度等が限度を超えてしまい、うまくコントロールできずに良くない結果を生み出してしまった場合に使われる表現です。

例えば、野菜を包丁で切っている時、素早く切りすぎて指まで切ってしまったなどという経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

それは「勢い余って指を怪我してしまいました」と言えますね。

お風呂掃除をしている時、うっかりと自分に水をかけてしまった場合も「勢い余って自分に水をかけてしまいました」といえます。

「勢い余る」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「勢い余る」を使った例文1
  • 「勢い余る」を使った例文2

「勢い余る」を使った例文1

「勢い余って壁に車をぶつけてしまいました」

車庫入れをしている時など、ついうっかりアクセルを踏みすぎてしまい、壁に車をぶつけてしまったなどという経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

自分の家であれば問題ありませんが、お店やよそのお宅ではぜひやらないように気をつけなければいけませんね。

アクセルを踏みすぎないように気をつけましょう。

「勢い余る」を使った例文2

「勢い余って転倒してしまい、足首を捻挫してしまいました」

走っている時など、うっかり転倒してしまって捻挫してしまった、などという経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

捻挫は痛いですよね。

走るときには転ばないように気をつけなければいけません。

また、場所をしっかりと考えましょう。



「勢い余る」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「つんのめるように」
  • 「抑えがきかない」【おさえがきかない】

「つんのめるように」

「つんのめるように」というのは勢いを抑え切れない様子、という意味になります。

抑えがきかない時にもこの表現が使われます。

「抑えがきかない」【おさえがきかない】

「抑えがきかない」というのは止めようとしても困難である、止められない、せざるをえない、という意味になります。

「押さえがきかない」と表記することもあります。

icon まとめ

「勢い余る」という表現は日常的にも使われますので覚えておきましょう。

怪我をしないように気をつけたいですね。

また、他人の迷惑にならないようにしなければいけません。