意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「真っ最中」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「真っ最中」という表現を使ったことがあるでしょうか。

ここでは「真っ最中」という表現について詳しく紹介していきます。

真っ最中

Meaning-Book
「真っ最中」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「真っ最中」とは?
  • 「真っ最中」の表現の使い方
  • 「真っ最中」を使った例文と意味を解釈
  • 「真っ最中」の類語や類義語


「真っ最中」とは?

「真っ最中」というのはあることがなされているその最も盛んな時、という意味になります。

物事がなされているちょうどその最中、今がちょうど盛りである、という意味であり、例えば「今は喧嘩の真っ最中です」などと表現することがあります。

例えば、夫婦が喧嘩をしている最中はまさに「今は夫婦喧嘩の真っ最中」などと言われるかもしれませんね。

あなたが仕事をしている時、誰かから頼まれ事をされたら、「今は仕事の真っ最中なのでちょっと待ってもらえますか」ということもあるのではないでしょうか。

  • 「真っ最中」の読み方

「真っ最中」の読み方

「真っ最中」「まっさいちゅう」と読みます。

よく使われる表現ですのでぜひ覚えておきましょう。

「まっさなか」ではありません。



「真っ最中」の表現の使い方

「真っ最中」というのはその最中である、山場である、という意味になります。

クライマックス、真っ盛り、などとも言われ、それをしている最中であるという時に使われます。

例えば、勉強をしていて特に集中している場合、それは「勉強の真っ最中」と言えますね。

誰かから遊びに誘われた時でも、「今は勉強の真っ最中なのでいけません」ということもあるのではないでしょうか。

「真っ最中」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「真っ最中」を使った例文1
  • 「真っ最中」を使った例文2

「真っ最中」を使った例文1

「今は夫婦喧嘩の真っ最中なので話しかけないほうがいいですよ」

夫婦喧嘩や親子喧嘩、兄弟喧嘩などをした時、どうしても苛立ってしまい、気分が晴れないなどということもあるのではないでしょうか。

喧嘩をした後は誰からも話しかけられたくない、1人になりたい、と思うこともあるかもしれませんね。

もしも誰かが夫婦喧嘩の真っ最中ならば、その人には話しかけない方が良いかもしれません。

今は1人になりたいタイミングかもしれないので、注意が必要です。

「真っ最中」を使った例文2

「仕事の真っ最中に電話があると、出られない可能性があります」

仕事をしている最中などに電話が来ても、なかなか出られないかもしれませんね。

仕事関連の電話ならば出て当たり前ですが、携帯には出られないということもあるでしょう。

プライベートなものには手を出さないということもあるかもしれませんね。

最近は職場に携帯を持ち込んではいけない、などと言われることもあると言われています。



「真っ最中」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「半ばで」【なかばで】
  • 「途中の」【とちゅうの】

「半ばで」【なかばで】

「半ばで」というのは物事がなされている間である、最中に、という意味になります。

最中に、ということであり、「志半ばで倒れる」などと使われることもありますね。

「志半ばで倒れる」というのは目的を果たさず、悔いを残したまま死ぬということになります。

「途中の」【とちゅうの】

「途中の」というのは人屋物の出来上がりが中途半端である、出来損ないの、という意味になります。

「途中」という言葉には出発してから目的地に着くまでの間、あるいは物事を始めてから終わるまでの間、という意味があります。

icon まとめ

「真っ最中」という表現はよく使われますのでぜひ覚えておきましょう。

誰かが何かの真っ最中で集中している時などは邪魔をしないようにしたいですね。