意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「実際」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「実際」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「実際」という言葉の理解を深めていきましょう。

実際

Meaning-Book
「実際」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「実際」とは?
  • 「実際」の表現の使い方
  • 「実際」を使った例文と意味を解釈
  • 「実際」の類語や類義語


「実際」とは?

「実際」とは物事のあるがままの様子、本当の姿という意味になります。

  • 「実際」の読み方

「実際」の読み方

「実際」とは「じっさい」と読みます。



「実際」の表現の使い方

「実際」とは、物事のあるがまま、本当の姿のことを言います。

例えば聞いた話と、自分が見た場面が違う場合があります。

そういう時に「実際見たら違った」などと使います。

他には「実際のところ、どうなの」「彼の話と、実際とは違うからね」「仕事の実際が知りたい」という風に使います。

「実際」を使った例文と意味を解釈

それでは「実際」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「実際」を使った例文1
  • 「実際」を使った例文2

「実際」を使った例文1

「人から聞いた話はあてにならないよ、実際に自分が経験する方がよくわかる」

人から聞いた話は、話した人の主観が入っていますので、本当のことなのかどうかはわかりません。

物事のあるがまま、本当の姿は自分が経験するよりわからないのです。

例文はそのことを「実際」という言葉を使って言い表しているのです。

「実際」を使った例文2

「実際のところ、あの人今どうやって生活しているの」

本人の話、伝えられている話は〇〇である、しかし本当のところはどうなのだという意味で使われるのが「実際のところ」という言い方です。

その前に聞いている話が信じられない、もしくは本当のことが聞きたいという時に「実際のところ~?」という形で使います。



「実際」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「実際」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「実の所」【じつのところ】
  • 「何を隠そう」【なにをかくそう】

「実の所」【じつのところ】

「実の所」とは、本当の所、実はといった意味です。

「実の所、確かなことはわかっていないんだけどね」「実の所、本当にやって来るのかどうか自信はない」「実の所、生活が厳しいらしい」などと使います。

「実の所」とは内実を打ち明ける、本当のことを話すという意味で使われる言葉なのです。

「何を隠そう」【なにをかくそう】

「何を隠そう」とは「何も隠すつもりはありません」という意味で、思い切って本当のことを話しますという前に言う言葉です。

つまり「何を隠そう」の後に事実、本当の話が続くのです。

「何を隠そう、彼が私の本当の父親なのです」「何を隠そう、あの家には借金しかないってこの間から言っているじゃないか」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「実際」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「実際」とはあるがままの様子、本当の姿という意味になります。

また理論、推測ではなく実施という意味合いもあります。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。