意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「仕込む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「仕込む」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「仕込む」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

仕込む

Meaning-Book
「仕込む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「仕込む」とは?
  • 「仕込む」の表現の使い方
  • 「仕込む」を使った例文と意味を解釈
  • 「仕込む」の類語や類義語


「仕込む」とは?

「仕込む」という表現には芸術や技術を教え込む、訓練する、という意味もありますし、品物を買い入れる、あるいは調理のための下準備、という意味もあります。

それ以外にも材料を混ぜ合わせて容器に詰め込むことを「仕込む」と表現することもありますし、うまく中に収める、という場合にもこの表現が使われます。

例えば、レストランなどを経営していると前日から料理を「仕込んで」おかなければいけないですよね。

  • 「仕込む」の読み方

「仕込む」の読み方

「仕込む」という表現は「しこむ」と読みます。

あらゆる場面で使われる表現ですのでぜひ覚えておきましょう。



「仕込む」の表現の使い方

一般的には、例えば「アシカに芸を仕込む」など、訓練する、技術を教え込む、などという時に使われますし、それ以外にも「前日から料理を鋳込む」などという意味で使われます。

例えば、おいしいステーキなどを上手に焼きたいと思う場合、前日から「仕込んで」おきたいと思う人も多いのではないでしょうか。

手間ひまかけた料理の方が美味しくできると感じる人もいるかもしれないですね。

レストランなどを経営している場合、前日の夜から「仕込んで」おいた方が要領よく料理できるかもしれません。

「仕込む」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「仕込む」を使った例文1
  • 「仕込む」を使った例文2

「仕込む」を使った例文1

「ここではジャーマンシェパードなどの犬を仕込んでいます」

ジャーマンシェパードやドーベルマンを飼いたいと思う時、プロの手で訓練してもらいたいと思う人も多いのではないでしょうか。

これらは大きな犬ですし、万が一にも誰かを傷つけてしまったら大変ですので、訓練所などが重宝されますよね。

このような犬に訓練する時にも「仕込む」という表現が使います。

「仕込む」を使った例文2

「母は前日の夜から食事の用意を仕込んでいます」

料理が好きな人だと、前日の夜から翌日の料理の仕込みをする、ということもあるかもしれません。

あるいは仕事をしていて忙しい場合、前日から用意しておいた方が楽だということもあるかもしれませんね。



「仕込む」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「鍛えあげる」【きたえあげる】
  • 「下ごしらえをする」【したごしらえをする】

「鍛えあげる」【きたえあげる】

「鍛え上げる」というのはしっかりと鍛えるという意味になります。

「鍛える」というのは練習や修練を繰り返し、技術などをしっかりとしたものにする、という意味になります。

「下ごしらえをする」【したごしらえをする】

「下ごしらえをする」というのは料理を事前にしておく、という意味になります。

「下ごしらえ」というのは調理の前準備として食材に様々な加工するという意味です。

icon まとめ

「仕込む」という表現にはいろいろな意味がありますので、場面によって使い分けられるように気をつけましょう。

意味をしっかりと理解しておきたいですね。