意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「下手に出る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「下手に出る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「下手に出る」という言葉を使った例文や、「下手に出る」の類語を紹介して行きます。

下手に出る

Meaning-Book
「下手に出る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「下手に出る」とは?
  • 「下手に出る」を使った例文や短文など
  • 「下手に出る」の類語や類義語・言い換え


「下手に出る」とは?

「下手に出る」という言葉を知っているでしょうか。

「下手に出たら付け上がる」などという言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「下手に出る」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「下手に出る」という言葉の意味を紹介します。

  • 「下手に出る」の読み方
  • 「下手に出る」の意味

「下手に出る」の読み方

「下手に出る」「したてにでる」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「下手に出る」「したてにでる」と読みましょう。

「下手に出る」の意味

「下手に出る」には、どのような意味があるでしょうか。

「下手に出る」には「相手に対してへりくだった態度で接する」という意味があります。

「下手に出たら付け上がる」という時は、相手に対してへりくだった態度を取ったら、調子に乗って付け上がったという意味があります。

このように「下手に出る」という言葉には、「相手に対してへりくだった態度で接する」という意味があります。



「下手に出る」を使った例文や短文など

「下手に出る」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「下手に出る」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「下手に出る」を使った例文1
  • 「下手に出る」を使った例文2

「下手に出る」を使った例文1

「自分の方が実力は上田が、先輩に対して、『下手に出る』」

この例文に登場する人は、自分に自信があり、さらに先輩に対する態度にも自信を持っているかもしれません。

自分の方が、力があると思いながら、礼儀を考えて、先輩にへりくだった態度で接しているためです。

しかし、心が入っていない時、「慇懃無礼」になり、かえって失礼になるため注意が必要です。

「下手に出る」を使った例文2

「惚れた弱みで、彼女に対して『下手に出る』」

この例文に登場する男性は、彼氏の方が、より彼女を愛していると思っていると思っているようです。

そのため、彼女に対してついへりくだった態度を取ってしまうようです。

みなさんの仲にも、彼女や彼氏に対して、「下手に出る」タイプの人がいるかもしれません。

「下手に出る」の類語や類義語・言い換え

「下手に出る」の類語や類似表現を紹介します。

「下手に出る」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「日和見」【ひよりみ】
  • 「八方美人」【はっぽうびじん】

「日和見」【ひよりみ】

「日和見」には「有利な方につこうと、形勢をうかがうこと」という意味があります。

いつでも有利な方につこうとするタイプの人は、「日和見主義」などと言われます。

「八方美人」【はっぽうびじん】

「八方美人」には、「誰に対しても好かれようと媚を売るような態度を取ること」という意味があります。

節操がないという意味で、「八方美人」という言葉は悪口として使われます。



icon まとめ

「下手に出る」という言葉について見てきました。

相手に対してへりくだった態度を取ったと感じた時、「下手に出る」という言葉を使ってみましょう。