意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「馴れ馴れしい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「馴れ馴れしい」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「馴れ馴れしい」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

馴れ馴れしい

Meaning-Book
「馴れ馴れしい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「馴れ馴れしい」とは?
  • 「馴れ馴れしい」の表現の使い方
  • 「馴れ馴れしい」を使った例文と意味を解釈
  • 「馴れ馴れしい」の類語や類義語


「馴れ馴れしい」とは?

「馴れ馴れしい」というのはそれほど親しい間柄でもないのに打ち解けすぎて不躾である、という意味になります。

失礼に感じられるほど親しそうに振る舞う、などという時にも使われる表現であり、例えば近所の人が「馴れ馴れしい」場合、迷惑に感じる人もいるかもしれませんね。

近所の人とは一定の距離をおいておきたい人にとって、「馴れ馴れしく」お茶しに来る、「馴れ馴れしい」態度で子供のお守りを頼んでくる、などということになると、厄介だと思う人もいるのではないでしょうか。

  • 「馴れ馴れしい」の読み方

「馴れ馴れしい」の読み方

「馴れ馴れしい」という表現は「なれなれしい」読みます。

日常的にも使われる表現ですのでぜひ覚えておきましょう。



「馴れ馴れしい」の表現の使い方

出会ったばかりなのに「馴れ馴れしい」と感じた経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

出会ったばかりの場合、まだ一定の距離もありますし、相手のことも知らないですよね。

よく知らないからこそ、相手には聞かない方が良い質問もあります。

それなのにいきなりパートナーの年収や子供はいないのかどうか、老後の資金はどのように考えているのかなど、極めてプライベートなことを聞かれた場合、「馴れ馴れしい」と感じるのではないでしょうか。

「馴れ馴れしい」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「馴れ馴れしい」を使った例文1
  • 「馴れ馴れしい」を使った例文2

「馴れ馴れしい」を使った例文1

「隣の奥さんが馴れ馴れしくて、困っています」

近所の人から馴れ馴れしい態度を取られると困ってしまうこともあるかもしれませんね。

本当はよく知らない人なのに、いきなり頼られたり、利用されたりしたら不愉快に思うこともあるのではないでしょうか。

特に近所の場合、子供を預かって欲しい、などという要望があったりして距離感が難しいと感じる人もいるかもしれませんね。

「馴れ馴れしい」を使った例文2

「彼はいつも馴れ馴れしいので、注意してくださいね」

馴れ馴れしい人には気をつけるように、などと言われることもあるかもしれません。

例えば恋愛において、馴れ馴れしい男性は一瞬魅力的に見えるかもしれません。

親しみやすい、近づきやすい、などと感じることもあるでしょう。

しかし馴れ馴れしい人の場合は不躾になることもありますので、後から傷つく可能性もあります。



「馴れ馴れしい」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「フランクな」
  • 「遠慮がない」【えんりょがない】

「フランクな」

「フランクな」というのは気取らない、という意味になります。

例えば「フランクな人」と言えば遠慮がなくてさっぱりした人、という意味になり、基本的に良い意味で使われます。

「遠慮がない」【えんりょがない】

「遠慮がない」というのは遠慮せずにしたいようにできる、お気楽な、気軽な、という意味になります。

配慮に欠けている時にも使われ、悪い意味で使われることもあります。

icon まとめ

「馴れ馴れしい」という表現は日常的にも使われますのでぜひ覚えておきましょう。

「馴れ馴れしい」と思われないようにしたいですね。