意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「打ち解ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

日常会話で「打ち解ける」という言葉を見聞きすることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

Meaning-Book
「打ち解ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「打ち解ける」とは?
  • 「打ち解ける」の表現の使い方
  • 「打ち解ける」を使った例文と意味を解釈
  • 「打ち解ける」の類語や類義語


「打ち解ける」とは?

「打ち解ける」の概要について紹介します。

  • 「打ち解ける」の読み方
  • 「打ち解ける」の意味
  • 「打ち」の意味
  • 「解ける」の意味

「打ち解ける」の読み方

「打ち解ける」「うちとける」と読みます。

それほど難しくない漢字ですので、読み書きできる様にしておきましょう。

「打ち解ける」の意味

「打ち解ける」の意味は「相手に対して気を許せる様になること」です。

人と対面した時に、最初は緊張していたものの、段々と相手への警戒心がなくなり、リラックスして相手と会話が出来る様になることを言います。

「打ち」の意味

「打ち解ける」「打ち」「物を叩く」という意味ではありません。

この場合の「打ち」は動詞に付く「接頭語」で、リズムを良くしたり、下の動詞の意味をコントロールする働きがあります。

意味は「ちょっと」「すっかり」で、後に続く動詞の意味に習います。

「解ける」の意味

「解ける」「結び目がほどける」「問題の答えを得る」という意味の他に「解放される」「不快に思う気持が消える」という意味があります。

「打ち解ける」は心の状態を示す言葉ですので、後の2つの意味になります。



「打ち解ける」の表現の使い方

「打ち解ける」の使い方を紹介します。

  • 人間関係に対して使う
  • 緊張感を伴うシーンで使う

人間関係に対して使う

「打ち解ける」は、自分の他に相手がいる時に使われる言葉です。

相手と話していて相性が良く、信頼できると思い、話していてリラックスできる時に使われます。

緊張感を伴うシーンで使う

基本的に相手に対して緊張している時に、いざ会ってみたら気さくで話し易かったという時に使われます。

最初に警戒している状態が解消された時の表現です。

「打ち解ける」を使った例文と意味を解釈

「打ち解ける」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「打ち解ける」を使った例文1
  • 「打ち解ける」を使った例文2

「打ち解ける」を使った例文1

「彼女は誰とでも打ち解けられる性格で羨ましい」

社交的で誰にでも気さくに話しかけてすぐに仲良くなれる女性がいます。

内向的な性格の人が、その女性に対して羨ましいと思っていることを表しています。

「打ち解ける」を使った例文2

「接待を通じて取引先が打ち解けてくれたので商談がし易くなった」

取引先を接待したところ、相手がすっかり喜んで警戒心を解いてくれたので、その後の商談がスムーズに進んだことを表しています。



「打ち解ける」の類語や類義語

「打ち解ける」の類語を紹介します。

  • 「心を開く」【こころをひらく】
  • 「腹を割る」【はらをわる】

「心を開く」【こころをひらく】

「本心を話せる程親しい関係になること」という意味です。

「腹を割る」【はらをわる】

「何も隠さずに、自分が思っていることを相手に話せること」という意味です。

icon まとめ

「打ち解ける」「相手に対して気を許せる様になること」という意味です。

ビジネスで初対面の相手と気軽に話せる様になった時に使ってみましょう。