意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「我が家」とは?!解説

この「我が家」は、基本的な意味は1つですが、色々と応用が利く言葉です。

Meaning-Book
「我が家」とは?!解説>


目次

  • 「我が家」とは?
  • 「我が家」の概要


「我が家」とは?

「我が家」は、「自分の家」という意味が基本になります。

「我が家に帰るとするか」のように、そのまま自分の家と使える言葉で、他の解釈はここから転じた応用になります。

例えば、「我が家ではそんなことはしたことはない」と使うと、自分の家族ではそんなこと人間は居ないという意味になり、「我が家にもついに車がやってきた」とすると、ついに家で(家庭として)車を購入したと解釈してください。

  • 「我が家」の読み方

「我が家」の読み方

「我が家」は、「わがや」と読んでください。

この読み方を聞くと、3人組のお笑い芸人が思い浮かぶ人も多いでしょう。

そのままこの「我が家」という名前の芸人トリオが存在するので、若い人だとそちらのことだと思ってしまうかも知れない言葉です(こちらは別に、そのトリオの固有名詞として捉えてください)。



「我が家」の概要

「我が家」は先のように、いくつかの意味で応用が聞く言葉です。

使われ方の見分けは難しくなく、「我が家に」「我が家へ」と使った時には、主に物理的な自分の家という解釈になります。

「我が家では」「我が家においては」などと使うと、自分の家庭や家族のことを指す場合が多いです。

多少異なる意味で使う場合もありますが、このように覚えておけば大きな間違いはないでしょう。

icon まとめ

この「我が家」という言葉は、大人になるとそれなりに使うケースが出てくるものです。

特に自分で家を建てた場合には、すすんで使いたくなるかも知れません。