意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「サイバー攻撃」とは?!解説

IT系のニュースで「サイバー攻撃」という言葉が使われることがありますが、どの様な意味なのでしょうか。

サイバー攻撃

Meaning-Book
「サイバー攻撃」とは?!解説>


目次

  • 「サイバー攻撃」とは?
  • 「サイバー攻撃」の概要


「サイバー攻撃」とは?

「サイバー攻撃」の読み方と意味について紹介します。

  • 「サイバー攻撃」の読み方
  • 「サイバー攻撃」の意味

「サイバー攻撃」の読み方

「サイバー攻撃」「さいばーこうげき」と読みます。

「サイバー」は英語の“cyber”からきていて、スラングではありません。

そのまま覚える様にしましょう。

「サイバー攻撃」の意味

「サイバー攻撃」とは、ネットワークを通じてオフィスのサーバーやパソコンなどのシステムに侵入してデータを破壊したり盗み取ったりする犯罪のことです。

“cyber”とは「コンピューターやインターネットに関する」という接頭語で、「サイバー攻撃」「PCやネットへの攻撃」という意味になります。

組織や企業を標的にすることが多いのですが、中には無差別に個人のユーザーを標的にすることもあります。



「サイバー攻撃」の概要

「サイバー攻撃」の概要について紹介します。

  • 「サイバー攻撃」の目的
  • 誰が「サイバー攻撃」をするのか

「サイバー攻撃」の目的

「サイバー攻撃」の目的は、主にシステムを乗っ取り金銭を支払わせるものですが、根底にあるのは「愉快犯」で、世間の話題になることで自己顕示欲を満足させるというものです。

その他には個人的に相手に対して恨みがあり、イメージダウンを狙ったり、政治的な思想による犯行もあります。

誰が「サイバー攻撃」をするのか

「サイバー攻撃」をするのは、「テロリスト」「ハッカー集団」「国家のスパイ」「内部職員」などです。

最近では犯行グループのメンバーが若年化してきているという特徴があります。

icon まとめ

「サイバー攻撃」「ネットワークを通じてオフィスのシステムに侵入、データを破壊したり盗み取ったりする犯罪のこと」です。

ウィルス対策をしっかりとするなど、万全の注意を払いましょう。