意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「うな重」とは?!解説

「土用の丑の日」に食べる習慣のある「うな重」についいて紹介します。

Meaning-Book
「うな重」とは?!解説>


目次

  • 「うな重」とは?
  • 「うな重」と「うな丼」の違い


「うな重」とは?

「うな重」の読み方と意味について紹介します。

  • 「うな重」の読み方
  • 「うな重」とは
  • 「うな重」の由来

「うな重」の読み方

「うな重」「うなじゅう」と読みます。

「うなしげ」という特定のお店の名前ではないので、間違えない様にしましょう。

「うな重」とは

「うな重」とは、重箱の器に白米を敷き詰めてタレをかけ、その上に鰻の蒲焼(かばやき)をのせた料理です。

江戸時代から食べられている和食で、東京の郷土料理の一つです。

「うな重」の由来

「うな重」は元々、「ご飯の上に鰻の蒲焼を乗せて、その上に更にご飯と鰻の蒲焼を乗せる」という作り方をしました。

ご飯と鰻を重ねることから「うな重」と呼ばれる様になったのです。

但し、現在では量も多いし値段も高くなる為に、重ねる方式のお店は少なくなっています。



「うな重」と「うな丼」の違い

「うな重」「うな丼」は、どちらも白米の上にタレをかけ、鰻の蒲焼を乗せた料理です。

この2つの違いは「器」にあります。

「うな重」「重箱」を器として使用します。

「うな丼」「丼(どんぶり)」を器として使用します。

但し、ラーメン丼の様に陶磁器ではなく、大きな漆器が使われることも多くあります。

また、「うな重」よりも「うな丼」の方が頭や尻尾の部分が使われることが多く、それだけ値段も安くなる傾向があります。

icon まとめ

「うな重」「うな丼」は、使われる器が違うだけで内容はほぼ同じです。

その時のお財布の具合によりどちらを注文するか決めましょう。