意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「絶え間のない」とは?意味や類語!例文と解釈

皆さんは「絶え間のない」という言葉を色々な場面で耳にしたことがあるかと思います。

この言葉は、日常生活の中でよく出てくる言葉なので、その意味や使い方を深く考えずに何気なく使っていることでしょう。

そこで今回は、この「絶え間のない」という言葉について見ていくことにします。

Meaning-Book
「絶え間のない」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「絶え間のない」とは?
  • 「絶え間のない」の英語と解釈
  • 「絶え間のない」の表現の使い方
  • 「絶え間のない」を使った例文と意味を解釈
  • 「絶え間のない」の類語や類義語


「絶え間のない」とは?

「絶え間のない」とは、「物事が中断することがない」「途絶えることなく続くさま」「休みない」という意味を持つ言葉です。

  • 「絶え間のない」の読み方

「絶え間のない」の読み方

「絶え間のない」「たえまのない」という読み方になりますので、ここで改めて確認をしておきましょう。



「絶え間のない」の英語と解釈

「絶え間のない」を英語に訳すと、“unbroken”“continuous”“endless”“momentary”“perpetual”などの言葉で表現することができます。

「絶え間のない」の表現の使い方

「絶え間のない」は、「途絶えることなく続くさま」「休みない」という意味がありますので、常に続けられているような取り組みやプロジェクトのことを指して使われています。

その他にも個人的な活動でも、止まることがない行動も「絶え間のない」を使うことがあります。



「絶え間のない」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「絶え間のない」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「絶え間のない」を使った例文1
  • 「絶え間のない」を使った例文2

「絶え間のない」を使った例文1

「移植手術は無事に終わったのですが、絶え間のない苦痛に悩まされていた」

身体の傷が続く時に「絶え間のない」という言葉が使われることがあります。

この例文では手術が無事に終わったものの、その後の痛みが治まらずに、ずっと続いているようです。

「絶え間のない」を使った例文2

「マンションの前は交通量の多いメイン通りとなっているために、絶え間のない車の騒音に悩まされています」

騒音問題で悩まされているマンションの住民の人の痛ましい声が、この例文で見て取ることができます。

しかも、メインストリートになっているのか、昼間だけでなく深夜も騒音でうるさいのかもしれません。

そのために、マンションでの騒音対策に乗り出すしか方法がないでしょう。

「絶え間のない」は、このような騒音に関しても使われることがありますが、このような使い方の場合は、あまり良くない意味合いで使われています。

この言葉は、いい意味でも悪い意味でも誓える言葉です。

「絶え間のない」の類語や類義語

「絶え間のない」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「引っ切りなしに」【ひっきりなしに】
  • 「不断の」【ふだんの】

「引っ切りなしに」【ひっきりなしに】

「引っ切りなしに」「絶え間のない」の類義語として扱うことができます。

「物事が途切れることなく連続して起こるさま」という意味で扱われています。

「彼は引っ切りなしに、小言を言っているので、みんなから敬遠されていた」というように使われていますが、物事の連続性を強く感じます。

「不断の」【ふだんの】

「不断の」という言葉も類義語としては挙げることができます。

「途切れたり休んだりしないさま」「絶えず」「間断ない」「途切れることのない」という意味で使われています。

「不断の」という言葉が使われていると、人の行動や取り組みにおいては、とても強い情熱を持って行われている印象が感じられます。

icon まとめ

「絶え間のない」という言葉の意味や使い方を紹介してきましたが、改めて使い方や意味を見てみると、新たな発見が生まれてくるかもしれません。

普段の会話の中でよく使われている言葉だけに、このような機会がないと中々振り替えるようなことはないでしょう。