意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「連ねる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「連ねる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「連ねる」という言葉を使った例文や、「連ねる」の類語を紹介して行きます。

連ねる

Meaning-Book
「連ねる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「連ねる」とは?
  • 「連ねる」を使った例文や短文など
  • 「連ねる」の類語や類義語・言い換え


「連ねる」とは?

「連ねる」という言葉を知っているでしょうか。

「名を連ねる」という言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「連ねる」という言葉を今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「連ねる」という言葉の意味を紹介します。

  • 「連ねる」の読み方
  • 「連ねる」の意味

「連ねる」の読み方

「連ねる」「つらねる」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「連ねる」「つらねる」と読みましょう。

「連ねる」の意味

「連ねる」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「連ねる」には「一列に並ぶようにすること」という意味があります。

例えば、「名を連ねる」という時は、「名簿に名前を並べる」という意味があり、団体や組織などの一員になるという意味があります。

このように「連ねる」という言葉には「一列に並ぶようにすること」という意味があります。



「連ねる」を使った例文や短文など

次に「連ねる」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「連ねる」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「連ねる」を使った例文1
  • 「連ねる」を使った例文2

「連ねる」を使った例文1

「渡り鳥が空を『連ねて』飛ぶ」

この例文は、冬のある時期の空の様子を文章にしたものです。

越冬のために日本各地に舞い降りた渡り鳥が空を飛ぶ時、一列になって飛ぶことがあり、「連ねて飛ぶ」などと表現できます。

「連ねる」を使った例文2

「昔の思い出を書き『連ねる』」

この例文のように、「書き連ねる」という言い回しがあります。

「書き連ねる」には、「あれこれと並べて書く」という意味があります。

昔の思い出をノートなどにあれこれと並べて書く様子は「書き連ねる」と表現できます。

「連ねる」の類語や類義語・言い換え

続いて「連ねる」の類語や類似表現を紹介します。

「連ねる」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「行列」【ぎょうれつ】
  • 「連結」【れんけつ】

「行列」【ぎょうれつ】

「行列」という言葉には、「多くの人や物が、列を作って並ぶこと」という意味があります。

例えば人気のラーメン店に入るため、順番待ちをする時、列を作って並びます。

このような時の様子を「ラーメン店に行列する」などと言います。

「連結」【れんけつ】

「連結」には「つなぎ合わせること」という意味があります。

電車が2両以上つながって走る時、「電車の客車が連結する」などと言います。

「連結器」「連結決算」などという使い方をします。



icon まとめ

「連ねる」という言葉について見てきました。

何かが一列に並んでいる様子を見た時、「連ねる」という言葉を使ってみましょう。