意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「臨港地区」とは?!解説

「臨港地区」という言葉は耳にしたことがあるケースも多いでしょう。

ここでは、しっかりと「臨港地区」に関して使い方、読み方などご紹介致します。

Meaning-Book
「臨港地区」とは?!解説>


目次

  • 「臨港地区」とは?
  • 「臨港地区」の概要


「臨港地区」とは?

「臨港地区」とは、港湾法に定められた陸上の区域を表します。

港湾区域に接続しているので商業なども発達しています。

4つの分区を設けている地域もあり、商港区・工業港区・マリーナ港区・修景厚生港区など、風景も綺麗で人気スポットになっているところも多いです。

  • 「臨港地区」の読み方

「臨港地区」の読み方

「臨港地区」の読み方は、「りんこうちく」です。



「臨港地区」の概要

「臨港地区」の概要は、土地利用計画を確保した上で港湾法に定められた陸上の区域のことを言います。

物流サービス・工業港など様々な分野において栄えていますし、かなり多くの人数が出入りしている地域となっており、ここ数年においてはマンションなども増えているので人気スポットとなっているところも多いです。

icon まとめ

「臨港地区」は耳にしたことがあるでしょう。

概要をよく理解しておくことで、どういった目的にて「臨港地区」ができたか分かりますし、またこの「臨港地区」は高層マンションなども近年はかなり建設されているので、周辺の環境なども整っているケースが多いです。

そういった部分を理解した上でマンションの物件選びを行ったり、ご自身なりに物件を選ぶ上で判断すべき部分になります。

「臨港地区」は注目度が高い地域と言えるでしょう。