意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「怖ず怖ず」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「怖ず怖ず」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「怖ず怖ず」という言葉を使った例文や、「怖ず怖ず」の類語を紹介して行きます。

怖ず怖ず

Meaning-Book
「怖ず怖ず」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「怖ず怖ず」とは?
  • 「怖ず怖ず」を使った例文や短文など
  • 「怖ず怖ず」の類語や類義語・言い換え


「怖ず怖ず」とは?

「怖ず怖ず」という言葉を知っているでしょうか。

「怖ず怖ずと会社に入る」様子の新入社員を見たことがあるかもしれません。

一方で、「怖ず怖ず」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「怖ず怖ず」という言葉の意味を紹介します。

  • 「怖ず怖ず」の読み方
  • 「怖ず怖ず」の意味

「怖ず怖ず」の読み方

「怖ず怖ず」「おずおず」と読みます。

かなり読みにくい言葉のため、初見で正しく読むのは難しいかもしれません。

これを機会に「怖ず怖ず」「おずおず」と読みましょう。

「怖ず怖ず」の意味

「怖ず怖ず」という言葉の意味を紹介します。

「怖ず怖ず」には、「恐れてためらいながら、物事をする様子」という意味があります。

新入社員は、何をするにも慣れていないため、おっかなびっくりしながら会社に入ってくるでしょう。

彼らの様子は「怖ず怖ず」と表現できるでしょう。

このように、「怖ず怖ず」という言葉には、「恐れてためらいながら、物事をする様子」という意味があります。



「怖ず怖ず」を使った例文や短文など

「怖ず怖ず」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「怖ず怖ず」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「怖ず怖ず」を使った例文1
  • 「怖ず怖ず」を使った例文2

「怖ず怖ず」を使った例文1

「初めての婚活パーティのため、『怖ず怖ず』としてしまう」

この例文のように、初めて参加する場所では、誰でも恐れてためらいながらの行動になるでしょう。

「怖ず怖ず」と異性と話す人たちが少なくないかもしれません。

「怖ず怖ず」を使った例文2

「『怖ず怖ず』と、氷の上に足を置く」

冬のある日、湖や水たまりが凍り付いているのをみつけるかもしれません。

氷の上でスケートを楽しみたいと思うかもしれません。

しかし氷が割れてしまったら、一大事になります。

そのため、恐れてためらいながら、「怖ず怖ず」と氷の上に足を置くことになるでしょう。

「怖ず怖ず」の類語や類義語・言い換え

「怖ず怖ず」の類語や類似表現を紹介します。

「怖ず怖ず」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「恐々」【こわごわ】
  • 「おっかなびっくり」

「恐々」【こわごわ】

「恐々」には「怖がりながら、物事をする様子」という意味があります。

「恐々、お化け屋敷の中に入る」「恐々、社長室に入る」などという使い方をします。

「おっかなびっくり」

「おっかなびっくり」には、「こわがってびくびくする様子」という意味があります。

例えば「おっかなびっくりプレゼンを始める」という時は、目の前の聴衆を怖がり、びくびくしながらプレゼンをするという意味があります。



icon まとめ

「怖ず怖ず」という言葉について見てきました。

恐れてためらいながら物事を進めている様子を見た時、「怖ず怖ず」という言葉を使ってみましょう。