意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「途端」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「途端」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「途端」という言葉を使った例文や、「途端」の類語を紹介して行きます。

途端

Meaning-Book
「途端」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「途端」とは?
  • 「途端」を使った例文や短文など
  • 「途端」の類語や類義語・言い換え


「途端」とは?

「途端」という言葉を知っているでしょうか。

「会った途端に好きになる」という経験があるかもしれません。

一方で、「途端」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「途端」という言葉の意味を紹介します。

  • 「途端」の読み方
  • 「途端」の意味

「途端」の読み方

「途端」「とたん」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「途端」「とたん」と読みましょう。

「途端」の意味

「途端」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「途端」には、「あることが行われた瞬間」「何かが起こった、すぐ後」という意味があります。

「出会った途端に好きになる」とい時は、出会いがあった、そのすぐ後で好きになったという意味があります。

いわゆる一目惚れになります。

このように、「途端」という言葉には、「あることが行われた瞬間」「何かが起こった、すぐ後」という意味があります。



「途端」を使った例文や短文など

「途端」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「途端」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「途端」を使った例文1
  • 「途端」を使った例文2

「途端」を使った例文1

「走り始めた『途端』に転んでしまった」

この例文は、徒競走などでスタートを切ったすぐ後で、転んでしまったという場面になります。

運動不足の人は、このように、走り出した「途端」に転ぶかもしれません。

事前に練習をするなどして、ケガを防ぐようにしましょう。

「途端」を使った例文2

「お酒が入った『途端』性格が悪くなる」

この例文に登場する人は、酒乱なのかもしれません。

お酒が入るとすぐに、性格が悪い方向に一変してしまうためです。

このように、すぐに物事が変化する時、「途端」という言葉を使いましょう。

「途端」の類語や類義語・言い換え

「途端」の類語や類似表現を紹介します。

「途端」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「間髪入れず」【かんぱついれず】
  • 「すぐに」

「間髪入れず」【かんぱついれず】

「間髪入れず」には「髪の入る隙間もないほど、間を空けず」という意味があります。

「間髪入れず、その場を去る」「間髪入れず、告白を断る」などという使い方をします。

「すぐに」

「すぐに」には、「時間をおかずに速やかに」という意味があります。

「仕事が終わったら、すぐに家に帰る」という時は、仕事が終わったら時間をおかず、速やかに家に帰るという意味になります。



icon まとめ

「途端」という言葉について見てきました。

あることが行われたその瞬間、その後で何かが起こった時、「途端」という言葉を使ってみましょう。