意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「大ボラ吹き」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「大ボラ吹き」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「大ボラ吹き」という言葉の理解を深めていきましょう。

大ボラ吹き

Meaning-Book
「大ボラ吹き」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「大ボラ吹き」とは?
  • 「大ボラ吹き」の表現の使い方
  • 「大ボラ吹き」を使った例文と意味を解釈
  • 「大ボラ吹き」の類語や類義語


「大ボラ吹き」とは?

「大ボラ吹き」とは「ほら吹き」「大」がついた言葉で、意味としては物事を大げさに言う人で、その程度がひどいということになります。



「大ボラ吹き」の表現の使い方

「大ボラ吹き」とは物事をとても大げさに言う人のことを言います。

例えば話を異常に盛る、自分に都合がいいように大げさに話す、ミスリードするといったことに使います。

「あいつは大ボラ吹きだ」「大ボラ吹きの言うことを信じる方もどうかしている」「内容が違い過ぎる、あの販売員は何て大ボラ吹きなんだ」という使い方をします。

物事を大げさに言う=嘘となるということで「嘘をつく」とも解釈できるでしょう。

「大ボラ吹き」を使った例文と意味を解釈

それでは「大ボラ吹き」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「大ボラ吹き」を使った例文1
  • 「大ボラ吹き」を使った例文2

「大ボラ吹き」を使った例文1

「この人、大ボラ吹きなのか、それとも大人物なのかどっちなのかわからないと思った」

「大ボラ吹き」とは物事を大げさに言う人のことで、言っていることは当てにならないと思われるのです。

何か夢のような大きなことを語る人は「大ボラ吹き」なのか本当に力を持ってやってくれる人「大人物」なのかどちらかに分類されるということになります。

「大ボラ吹き」を使った例文2

「あいつは昔からとんでもない大ボラ吹きで、問題ばかり起こしているよ」

「大ボラ吹き」とは物事を大げさに言う人、嘘を言うということですから、そのようなことをすれば問題が起こりやすくなります。

例文のような「大ボラ吹き」とは「大ウソつき」と同じ意味合いで使っているのです。

信用ならぬ人、適当な人のことを言います。



「大ボラ吹き」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「大ボラ吹き」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「口から出まかせ」【くちからでまかせ】
  • 「嘘八百を並べる」【うそはっぴゃくをならべる】

「口から出まかせ」【くちからでまかせ】

「口から出まかせ」とは、いい加減なことを言うことを言います。

「それはあいつの、口から出まかせだ、信じない方がいいよ」「そんな口から出まかせを誰が信じるのですか」などと使います。

「嘘八百を並べる」【うそはっぴゃくをならべる】

「嘘八百」とは数多くの嘘で、何もかも嘘という意味です。

「平気な顔をして嘘八百を並べる」「そんな嘘八百を並べても、誰もあんたのことは信じませんよ」という風に使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「大ボラ吹き」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

意味は物事をすごく大げさに言う人ということになります。

いい意味合いはありませんので、人に面と向かって言うのは注意が必要な言葉となります。