意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「静穏」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「静穏」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「静穏」という言葉を使った例文や、「静穏」の類語を紹介して行きます。

静穏

Meaning-Book
「静穏」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「静穏」とは?
  • 「静穏」を使った例文や短文など
  • 「静穏」の類語や類義語・言い換え


「静穏」とは?

「静穏」という言葉を知っているでしょうか。

「静穏な生活を送っている」という人もいるでしょう。

一方で、「静穏」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「静穏」という言葉の意味を紹介します。

  • 「静穏」の読み方
  • 「静穏」の意味

「静穏」の読み方

「静穏」「せいおん」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「静穏」「せいおん」と読みましょう。

「静穏」の意味

「静穏」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「静穏」には、「静かで穏やかなこと」という意味があります。

例えば「静穏な生活を送っている」という人は、静かで穏やかな生活を送っているという意味があります。

騒がしい様子もなく、誰かが争っている様子もないような雰囲気の中、暮らしているのではないでしょうか。

このように「静穏」という言葉には、「静かで穏やかなこと」という意味があります。



「静穏」を使った例文や短文など

次に「静穏」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「静穏」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「静穏」を使った例文1
  • 「静穏」を使った例文2

「静穏」を使った例文1

「高台にある、『静穏』な雰囲気の家」

この例文は、高い場所にあり、街から離れた静かで落ちつた雰囲気の家の様子を文章にしたものです。

街から離れた高台にある家は、人の声や車の走る音が少なく落ち着いた雰囲気になります。

このような家を好むタイプの人もいるでしょう。

「静穏」を使った例文2

「『静穏』な日々を送れるよう、今は仕事を頑張る」

将来は、静かで穏やかな日々を過ごしたいと思っている人がいるかもしれません。

そのためには、隠居できるような体制づくりが必要になります。

仕事を頑張り、不労所得を得られるようになれば、「静穏な日々」も夢ではないでしょう。

「静穏」の類語や類義語・言い換え

続いて「静穏」の類語や類似表現を紹介します。

「静穏」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「長閑」【のどか】
  • 「安泰」【あんたい】

「長閑」【のどか】

「長閑」という言葉には、「静かでのんびりと落ち着いている様子」という意味があります。

「長閑な暮らし」という時は、静かでのんびりと落ち着いた暮らしという意味があります。

「安泰」【あんたい】

「安泰」という言葉には、「無事で安らかなこと」という意味があります。

「これで我が家は安泰だ」という時は、今後は私の一族は無事で安らかに暮らせるだろうという意味があります。



icon まとめ

「静穏」という言葉について見てきました。

静かで穏やかだと感じた時、またはそのような場所に行った時、「静穏」という言葉を使ってみましょう。