意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「清聴」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「清聴」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「清聴」という言葉を使った例文や、「清聴」の類語を紹介して行きます。

清聴

Meaning-Book
「清聴」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「清聴」とは?
  • 「清聴」を使った例文や短文など
  • 「清聴」の類語や類義語・言い換え


「清聴」とは?

「清聴」という言葉を知っているでしょうか。

プレゼンなどの最後に「清聴ありがとうございました」と言っている人を見たことがあるでしょう。

一方で、「清聴」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「清聴」という言葉の意味を紹介します。

  • 「清聴」の読み方
  • 「清聴」の意味

「清聴」の読み方

「清聴」「せいちょう」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「清聴」「せいちょう」と読みましょう。

「清聴」の意味

「清聴」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「清聴」には、「清らかに聞こえること」という意味があります。

また「清聴」には、「他人が自分の話を聞いてくれることを、敬う言葉」でもあります。

「ご清聴ありがとうございました」というフレーズが、プレゼンの最後に飛び出すことがありますが、プレゼンを最後まで聞いてくれて、ありがとうございましたという意味が、「ご清聴ありがとうございました」にはあります。

このように「清聴」には、「清らかに聞こえること」「他人が自分の話を聞いてくれることを敬うこと」という意味があります。



「清聴」を使った例文や短文など

「清聴」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「清聴」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「清聴」を使った例文1
  • 「清聴」を使った例文2

「清聴」を使った例文1

「大切な話をするため、『ご清聴』願います」

この例文のように、会議の初めに議長が「ご清聴願います」などというのを聞いたことがあるかもしれません。

「清聴」「聞く」の尊敬語のようなもののため、「しっかり聞いてください」という意味で「ご清聴願います」という言い回しを使うことがあります。

「清聴」を使った例文2

「彼の話は『清聴』に値する話だ」

この例文に登場する彼の話は、しっかりと聞くのに堪えるような、素晴らしい話なのでしょう。

このように話している側に対して、聞く側が敬語表現を使って「聞く」を表現する時にも、「清聴」という言葉を使えます。

「清聴」の類語や類義語・言い換え

続いて「清聴」の類語や類似表現を紹介します。

「清聴」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「聞く」【きく】
  • 「傾聴」【けいちょう】

「聞く」【きく】

「聞く」という言葉には、「音や声を耳で感じ取る」という意味があります。

「足音を聞く」「雨音を聞く」などという使い方をします。

「傾聴」【けいちょう】

「傾聴」という言葉には、「耳をじっくりと傾けて、話を聞く」という意味があります。

聞き流すのではなく、しっかりと相手の話に意識を集中しながら聞く時、「傾聴」と表現します。



icon まとめ

「清聴」という言葉について見てきました。

誰かの話が清らかに聞こえる時、「聞く」を敬語表現にして使いたい時に、「清聴」という言葉を使ってみましょう。