意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「出し惜しむ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「出し惜しむ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「出し惜しむ」という言葉を使った例文や、「出し惜しむ」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「出し惜しむ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「出し惜しむ」とは?
  • 「出し惜しむ」を使った例文や短文など
  • 「出し惜しむ」の類語や類義語・言い換え


「出し惜しむ」とは?

「出し惜しむ」という言葉を知っているでしょうか。

飲み会の後で、「お金を出し惜しむ」姿を見たことがあるかもしれません。

一方で、「出し惜しむ」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「出し惜しむ」という言葉の意味を紹介します。

  • 「出し惜しむ」の読み方
  • 「出し惜しむ」の意味

「出し惜しむ」の読み方

「出し惜しむ」「だしおしむ」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

「出し惜しむ」の意味

「出し惜しむ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「出し惜しむ」には「金銭や品物などを渋って、けちけちする」という意味があります。

飲み会で「お金を出し惜しむ」人は、お金を手放すのが惜しいと思い、金払いが悪くなっているという意味があります。

このように、「出し惜しむ」という言葉には「金銭や品物などを惜しんで、なかなか出そうとしない」という意味があります。



「出し惜しむ」を使った例文や短文など

次に「出し惜しむ」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「出し惜しむ」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「出し惜しむ」を使った例文1
  • 「出し惜しむ」を使った例文2

「出し惜しむ」を使った例文1

「寄付箱を前にして、寄付金を『出し惜しむ』」

この例文は、街かどで寄付を呼び掛けている子供の声に応えようと、寄付箱の前にいったものの、お金が惜しくなり、出し渋っている様子を文章にしたものです。

小銭なら寄付しようと思っていたのに、財布の中に札しかない時、この例文の人のようになってしまうかもしれません。

「出し惜しむ」を使った例文2

「客が少なく、芸を『出し惜しむ』芸人」

この例文は、寄席など芸を披露する芸人が、あまりに客が少ないため、芸を披露するのが惜しいと感じている場面になります。

お客さんが数人の時は、満席の時のように、全力で芸ができない人もいるかもしれません。

「出し惜しむ」の類語や類義語・言い換え

「出し惜しむ」の類語や類似表現を紹介します。

「出し惜しむ」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「しみったれ」【しみったれ】
  • 「けち臭い」【けちくさい】

「しみったれ」【しみったれ】

「しみったれ」には、「金品にせこく、卑しいこと」また「けちけちすること」という意味があります。

「彼はしみったれだ」という時は、彼はけちだという意味があります。

「けち臭い」【けちくさい】

「けち臭い」には、「金や物に対して、いかにもけちだ」という意味があります。

また「心が狭く、こせこせしている」という意味もあります。

「考えがけち臭い」人は、心が狭く、こせこせした考えしかできない人かもしれません。



icon まとめ

「出し惜しむ」という言葉について見てきました。

金銭や物品などを惜しみ、なかなか出せずにいる様子を見た時に、「出し惜しむ」という言葉を使ってみましょう。