意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「連呼」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

日常で「連呼」という言葉を使うことがあります。

一体どの様ない意味なのか、類語や例文なども併せて紹介しますので参考にして下さい。

連呼

Meaning-Book
「連呼」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「連呼」とは?
  • 「連呼」の表現の使い方
  • 「連呼」を使った例文と意味を解釈
  • 「連呼」の類語や類義語


「連呼」とは?

「連呼」の概要について紹介します。

  • 「連呼」の読み方
  • 「連呼」の意味
  • 「連呼」の成り立ち

「連呼」の読み方

「連呼」「れんこ」と読みます。

言葉の響きがユニークですが、立派な日本語です。

「連呼」の意味

「連呼」の意味は「同じ言葉を立て続けに何度も言うこと」です。

ただ普通に同じ言葉を繰り返すだけではなく、大声で相手に聞こえる様に言うことを表しています。

その言葉は相手の名前や相手に関連のある事柄ではなく、自分達に都合の良い名前や言葉など一方的なことが殆どです。

相手に印象付ける為に何度も繰り返すので、「短い言葉」「語呂が良い言葉」「覚えやすい言葉」が使われます。

「連呼」の成り立ち

「連呼」「連」「つらなる」と読み、「続く・続ける」という意味の他に「引き続いて・しきりに」という意味があり、「連呼」の場合はこちらが使われています。

「呼」「よぶ」と読み、「声をかける」「大声で叫ぶ」という意味があり、「連呼」は後の意味が使われています。

これらの漢字が組み合わさり「何度もしきりに大声で叫ぶこと」という意味で使われています。



「連呼」の表現の使い方

「連呼」が使われるシーンについて紹介します。

  • 「選挙カーでの連呼」
  • 「連呼ちゃん」

「選挙カーでの連呼」

「連呼」が最も多く使われるのが選挙のシーズンです。

選挙カーで大音量でひたすら候補者の名前だけを叫ぶ行為が度々問題視されています。

何の意味もなく騒音でしかないという意見も多くあります。

「連呼ちゃん」

「連呼ちゃん」は、ゲームの実況プレイヤーの名前です。

ホラーゲームをメインに実況していて、驚きのあまりに何度も連呼することから「連呼ちゃん」と呼ばれる様になりました。

「連呼」を使った例文と意味を解釈

「連呼」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「連呼」を使った例文1
  • 「連呼」を使った例文2

「連呼」を使った例文1

「友達に遠くから名前を連呼されて恥ずかしかった」

遠くにいる友達が自分に気付き、大声で名前を呼んだのですが、気付いていないと思って何度も名前を呼んだので、周囲の人も見ているし恥ずかしかったことを表しています。

「連呼」を使った例文2

「コンサートで担当メンバーの名前を連呼しまくった」

アイドルの場合、自分が最も応援するメンバーに対して「担当」と言います。

コンサートで担当のメンバーの名前をひたすら叫んでいたことを表しています。



「連呼」の類語や類義語

「連呼」の類語を紹介します。

  • 「復唱」【ふくしょう】
  • 「一つ覚え」【ひとつおぼえ】

「復唱」【ふくしょう】

「繰り返し言うこと」を言います。

レストランなどで注文を間違えない様に繰り返すことを言います。

「一つ覚え」【ひとつおぼえ】

「それしか覚えておらず、繰り返すこと」を言います。

インコやオウムが言葉を一つしか覚えていない様子などに使われます。

icon まとめ

「連呼」とは「同じ言葉を立て続けに何度も言うこと」という意味です。

あまり何度も同じ言葉を繰り返してしつこいと感じた時に使いましょう。