意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「容貌」とは?意味や使い方!例文や解釈

「容貌」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「容貌」という言葉を使った例文や、「容貌」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「容貌」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「容貌」とは?
  • 「容貌」の英語と解釈
  • 「容貌」の表現の使い方
  • 「容貌」を使った例文や短文など
  • 「容貌」の類語や類義語・言い換え
  • 美しい顔や醜い顔について


「容貌」とは?

「容貌」という言葉を知っているでしょうか。

「容貌の美しい美少女」の姿が頭に浮かんだ人もいるでしょう。

一方で、「容貌」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「容貌」という言葉の意味を紹介します。

  • 「容貌」の読み方
  • 「容貌」の意味

「容貌」の読み方

「容貌」「ようぼう」と読みます。

少し難しい感じが使われているため、読み間違えないようにしましょう。

これを機会に、「容貌」「ようぼう」と読みましょう。

「容貌」の意味

「容貌」という言葉の意味を紹介します。

「容貌」には、「顔かたち」という意味があります。

「美しい容貌の美少女」「顔かたちが美しい、美少女」という意味があります。

アイドルやモデルとして活躍できそうな美しい女性という意味があります。

このように「容貌」には「顔かたち」という意味があります。



「容貌」の英語と解釈

次に「容貌」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「容貌」は英語で、“looks”(ルックス)になります。

“looks”には「容貌」という意味があります。

また「ルックス」というカタカナ語として、一般的に広く知られている言葉です。

また“features”という言葉にも、「形相」「特徴」「容貌」という意味があります。

このように「容貌」という言葉を英語にしたい時は、“looks”“features”という英語を使ってみましょう。

「容貌」の表現の使い方

「容貌」という言葉はどのような使い方をすればいいでしょうか。

「容貌」には顔かたちという意味があります。

誰かの顔かたちについて話す時、「容貌」という言葉を使ってみましょう。

「彼女は容貌が綺麗だ」「部長の容貌は怖い」「一般人と思えないような、迫力ある容貌だ」などという使い方をします。

あらゆる顔かたちについて文章にしたい時、「容貌」という言葉を使ってみましょう。



「容貌」を使った例文や短文など

続いて「容貌」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「容貌」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「容貌」を使った例文1
  • 「容貌」を使った例文2

「容貌」を使った例文1

「私の上司の容貌は、プロレスラーのようで迫力がある」

この例文に登場する上司は、かなり迫力のある顔つきをしているようです。

見られているだけで怖くなるような、顔貌になります。

このような上司がにらみを利かせていると、職場のスタッフに刺激が入り、シャキッとした雰囲気になるかもしれません。

「容貌」を使った例文2

「父そっくりの『容貌』のため、迷子になっても家に連絡が行く」

この例文に登場する人のように、両親と顔がそっくりな人がいるかもしれません。

名札を付けていなくても「○○家の子供です」と言って回っているような似た顔をしている人は、近所の人から見守られやすいかもしれません。

逆に言えば、悪いことをすれば、「○○家の息子が悪さをしている」とばれてしまうということでもあります。

「容貌」の類語や類義語・言い換え

「容貌」の類語や類似表現を紹介します。

「容貌」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「顔付き」【かおつき】
  • 「顔貌」【かおかたち】
  • 「顔立ち」【かおだち】
  • 「面差し」【おもざし】
  • 「目鼻立ち」【めはなだち】

「顔付き」【かおつき】

「顔付き」という言葉には、「表情などから見た顔の様子」という意味があります。

「楽しそうな顔つきだ」という場合は、表情を見た時に、楽しそうにしているように見えるという意味があります。

「顔貌」【かおかたち】

「顔貌」という言葉があります。

「顔貌」には、「生まれつきの顔の有様」という意味があります。

「顔貌が素敵な男性」という時は、生まれつきの顔の様子がいい男性という意味があります。

子供の頃の写真を見ても、美少年だったり美少女だったりする時、その人の「顔貌」は良いと言えるでしょう。

「顔立ち」【かおだち】

「顔立ち」という言葉を使ったことがあるでしょうか。

「顔立ち」には、「生まれつきの顔の様子」という意味があり、「顔貌」と同じ意味があります。

「顔立ちが美しい」「顔立ちが醜い」などという使い方をします。

「面差し」【おもざし】

「面差し」には、「顔付き」という意味があります。

「鋭い面差し」という時は、鋭い顔つきをしている人という意味があります。

「目鼻立ち」【めはなだち】

「目鼻立ち」には、「目や鼻など顔の様子」という意味があります。

美少女や美少年のほとんどが、目や鼻が大きく綺麗なものです。

そのため「目鼻立ちが美しい」人は、ほとんどの場合「美少年」「美少女」になります。

美しい顔や醜い顔について

最後に美しい顔や醜い顔についての言葉を紹介します。

美しい顔を表現する言葉、醜い顔を表現した言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「美貌」【びぼう】
  • 「ハンサム」
  • 「不細工」【ぶさいく】
  • 「不器量」【ぶきりょう】

「美貌」【びぼう】

「美貌」には、「美しい顔貌」という意味があります。

「彼女は人間離れした美貌の持ち主だ」という場合は、人間の限界を超えるくらい魅力的で美しい顔立ちをしているという意味があります。

「美貌を磨く」「美貌に憧れる」などという使い方をします。

「ハンサム」

「ハンサム」には「美男子」という意味があります。

「ハンサムボーイ」「美男子」という意味があるカタカナ語になります。

「不細工」【ぶさいく】

「不細工」という言葉には、「顔立ちが醜いこと」という意味があります。

「不細工な彼氏」には、「顔立ちが醜い彼氏」という意味があります。

顔立ちが少しくくらい悪くても、性格が良く優しい彼氏は、女性を幸せにしてくれるかもしれません。

「不器量」【ぶきりょう】

「不器量」という言葉には、「容貌が醜いこと」という意味があります。

「息子は不器量だが、人は良い」という時は、息子の容貌は醜いが、性格は良いという意味があります。

icon まとめ

「容貌」という言葉について見てきました。

誰かの顔かたちに関して、話をしたい時、「容貌」という言葉を使ってみましょう。