意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「正とする」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「正とする」とは、「正しいことにする・事実として解釈する」を意味する言葉です。

「正とする」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」について、詳しく説明していきます。

正とする

Meaning-Book
「正とする」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「正とする」とは?
  • 「正とする」の表現の使い方
  • 「正とする」を使った例文と意味を解釈
  • 「正とする」の類語や類義語


「正とする」とは?

「正とする」という表現は、「ある物事・意見などを半ば強引に正しいことにする」「ある物事・主張などを事実(正解)として解釈すること」を意味しています。

「正とする」というのは、「ある事柄について、正しいことや本当のこと(事実)として考えること」を意味する表現なのです。

  • 「正とする」の読み方

「正とする」の読み方

「正とする」の読み方は、「せいとする」になります。



「正とする」の表現の使い方

「正とする」の表現の使い方は、「ある物事・意見・事柄などを正しいことにする時」「ある事柄を事実(本当のこと)として解釈する時」に使うという使い方になります。

例えば、「会長の意見を正とすることで会議はまとまりましたが、誰も異論を出せる雰囲気ではありませんでした」といった文章で使用できます。

「正とする」を使った例文と意味を解釈

「正とする」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「正とする」を使った例文1
  • 「正とする」を使った例文2

「正とする」を使った例文1

「地方議会の委員会で地域の有力者が出した提案を正とすることが、満場一致で議決されました」

この例文は、「地方議会の委員会で地域の有力者が出した提案を無条件で正しいものとすることが、満場一致で議決された」ということを意味しています。

「正とする」を使った例文2

「どう考えても事実ではないことを正として偽ることが、私にはどうしても許せなかったのです」

この例文は、「どう考えても事実ではないことを、事実(本当のこと)だと解釈して偽ることが、私にはどうしても許せなかった」ということを意味しています。



「正とする」の類語や類義語

「正とする」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「正しいと決める・正論にする」
  • 「事実として解釈する・本当と見なす」

「正しいと決める・正論にする」

「正とする」の類語・類義語として、「正しいと決める・正論にする」があります。

「正とする」という表現は、「ある物事や主張を正しいと決めること、正論として考えること」を意味しています。

その意味から、「正とする」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「正しいと決める・正論にする」を上げられるのです。

「事実として解釈する・本当と見なす」

「正とする」の類語・類義語には、「事実として解釈する・本当と見なす」があります。

「正とする」という表現は、「ある物事を事実として解釈すること」「その物事の真偽を問わず、本当のことと見なす」を意味しています。

それらの意味合いから、「正とする」と近しい類似の意味を持つ類義語として、「事実として解釈する・本当と見なす」を指摘することができるのです。

icon まとめ

「正とする」という言葉について解説しましたが、「正とする」には「正しいということにする・事実(本当のこと)として解釈する」などの意味があります。

「正とする」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「正しいと決める・正論にする」「事実として解釈する・本当と見なす」などがあります。

「正とする」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。