意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「深憂」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「深憂」という言葉を日頃の会話の中で使った経験があまりないかと思います。

現代の会話の中で、この言葉を日常的に使うような機会が少ないので、言葉自体、聞いたことがない人や意味が分からないということも結構あるかもしれません。

そこでここでは、この「深憂」にフォーカスして考察していくことにします。

深憂

Meaning-Book
「深憂」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「深憂」とは?
  • 「深憂」の表現の使い方
  • 「深憂」を使った例文と意味を解釈
  • 「深憂」の類語や類義語


「深憂」とは?

「深憂」とは、「深い憂い(うれい)」「並み並みでない心配や悩み」「大きな心配・悩み」という意味がある言葉です。

  • 「深憂」の読み方

「深憂」の読み方

「深憂」「しんゆう」という読み方をしますが、普段使われる言葉でないので、ここで間違いのないように、しっかりとチェックして正しい読み方を覚えておくようにしましょう。



「深憂」の表現の使い方

「深憂」「深い憂い」「大きな心配」というような意味となるので、身近なことで心配事がある時に使われることになります。

「深憂」が当てはまる場面は多々あり、家族や友人の身に不幸や災難がふりかかってくる場合や仕事でも、困難なことが発生するような時でも使うことができます。

「深憂」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「深憂」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「深憂」を使った例文1
  • 「深憂」を使った例文2

「深憂」を使った例文1

「僕はあの事件が起きてから、家族のことについて深憂を懐いている」

人は何かしらの事件・事故などのトラブルや不幸な出来事が身近にあると、心のトラウマになってしまうことがよくあります。

この例文でも同じことで、家族に災難が起きかことで、「深憂」の念が強くなっているようです。

心がすっきりと晴れていくのは、いつ頃からなのでしょうか。

「深憂」を使った例文2

「僕が友人が深く考えすに行動していることに大きな深憂を抱いています。本当に大丈夫なのだろうかと」

「深憂」とは「深い心配の気持ち」という意味がありますが、このような気持ちは自分だけでなく、他人のことでも言えることです。

自分の友人やが物事を深く考えずに気軽に考えているので、そのこと自体を「深憂」しているのが、この例文の内容です。

できれば、何事においても慎重な姿勢で臨んで欲しいと思っているのでしょう。



「深憂」の類語や類義語

「深憂」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「心安まらない」【こころやすまらない】
  • 「心労」【しんろう】

「心安まらない」【こころやすまらない】

「心安まらない」という言葉が「深憂」の類義語の1つとして挙げることができます。

「心が平穏な状態ではなく、落ち着くことがない」という意味になります。

「心労」【しんろう】

「心労」という言葉も「深憂」の類義語として扱うことができます。

「あれこれと心配すること」「精神上の苦労」「心づかい」というような意味になります。

icon まとめ

「深憂」という言葉について、その意味や活用法を紹介してきましたが、日常生活やビジネスシーンでもあまり聞くことが少ない言葉だけに、この記事で理解を深めることができたなら、これから様々な場面で使ってみることができるでしょう。